スポンサードリンク

web電とは

「web電」と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?
私は実は最近知って、友達に馬鹿にされましたが(汗)
でも。以外にこの「web電」知られていないんですよね。


郵便局の電報(レタックス)は、現在でこそ、
インターネットから24時間、電報の受付、申し込みが出来ます。
郵便局のこのインターネットを介した電報サービスの事(レタックス)を
通称「web電」と言うのです。


この「web電」にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.通常の電話やファクシミリを利用した電報よりも金額が安い。


電報は平均すると約、2000円から4000円の相場と言われています。
しかし、郵便局の電報であるこの「web電」のレタックスの金額は、
1,290(税込)円と、均一料金で安くお得であります。


2.電報に入れる文章が最大で270文字である。


「電報」は文字数で課金になり270文字では¥5,000以上かかります。
郵便局レタックスのweb電は、差出人名を含み、300文字以内は
なんと、同一料金なのです!
これはお得そのものではないでしょうか!      
文字数を気にせずに、あなたの思いを弔電や祝電に託せますね。


3.15時までにお申し込みなら全国即日でお届け!!


15時時点の申込みで当日中に郵便局から配達されます。
(15時以降は概ね翌日午前中の配達になります。)
郵便局のレタックスは、速達扱いですから、年中無休で配達されます。
郵便局の局員が配達しますので、非常に安心感あるシステムではないでしょうか。


4.24時間受付け、申し込み可能である。


インターネットを使用するわけですから、
24時間、いつでも時間を気にすることなく申し込みが出来ます。
パソコンの普及とインターネット通信網の発達が
電報の便利さを幅広くしたと考えられますね。


5.宛先の入力が簡単である。


結婚式場・葬儀斎場の宛先情報が約5000件すでに最初から収録済みであり、
簡単に宛先入力が可能になっているため、非常に便利性が良いです。


郵便局のレタックス、ネットサービス「web電」は、
こんなにも便利で親切な電報内容となっています。

Page Top ▲