スポンサードリンク

トップページ >郵便局 弔電> 郵便局の弔電について

郵便局の弔電について

郵便局の弔電についてご紹介したいと思います。


郵便局で弔電や祝電の電報が打てるのは皆さんご存知でしょうが、
郵便局の執り行う弔電や電報を
「レタックス」と言います。
郵便事業も「郵政民営化」になりましたが、
引き続き電報業務は執り行ってますのでご安心ください。


郵便局のレタックスで弔電を送る場合ですが、
申し込みは郵便局の窓口にある用紙に文章や
必要事項を記入します。
書かれた文字そのものが配達されるので、どこか
機械的な近年の文章とは、ちょっと雰囲気が違うでしょうか。

郵便局の弔電などを配達する時間は
午後3時までの受付分は、おおむね当日中に配達されますが、
離島や地域によっては、翌日になる事が多いです。


さらに郵便局のレタックスは、何文字であっても
定額であり、1通580円から1,700円の間で決まっています。
この料金の差額は配達台紙によって異なるので注意してくださいね。

Page Top ▲