スポンサードリンク

トップページ >郵便局 弔電> 郵便局のレタックスで弔電

郵便局のレタックスで弔電

郵便局のレタックスで弔電が打てるのは有名ですよね。


郵便局のレタックスで弔電を打つ場合の申し込み方法や
知っておいたほうが良い知識などを探ってみましょう。
また、NTT電報とは何が違うの?と、思われている方も
いるのではないでしょうか。
内容的に異なる特徴や内容が色々とあるんですよ。


郵便局のレタックスは弔電を扱うシステムであります。
実は、この郵便局のレタックスには他の電報会社にはない
意外な特徴があって、使われている方っているのかな?
と、思えるほどの内容になっていたりしますが、さて、何でしょうか・・・

郵便局のレタックスで大きな特徴と言えば
「手書き」で弔電を送る事が出来る点ではないでしょうか。


手書きで電報を送るのに抵抗感を持っている方もいるかも知れませんが、
タイプライターで打つような文字ではないので、人間らしいと感じて
心が伝わる印象度が強いですから、実は人気があるんですね。
また、電報だけの機能だけでなく、供花がある地域なら
花を添える事も出来ますし、お金を一緒に送り香典を添える事も可能なんです。


郵便局のレタックスの申し込みは、窓口で行う方法と、
ファクシミリや電話で行う2つの方法があります。
ファクシミリ・電話での申し込みの場合には、
事前に郵便局に利用申込書を出す必要があるので、注意しましょう。
郵便局の窓口でレタックスを申し込む場合には、用紙に弔意の文章を書き込み、
午後3時までに受付出来れば、そのほとんどは当日中に配達してもらうことが可能です。
一部の離島や地域により変わることもありますのでご確認ください。


郵便局のレタックスの弔電による利用料金は、文字数に関係なく
一律580円と言うのも、良心的ですよね。
さらに配達日の3日前までに差し出せば110円の料金割引です。
ですが、配達台紙のランクによって、料金が変化しますから
よく、確認することが必要ですので、注意してくださいね。

Page Top ▲