スポンサードリンク

弔電を郵便局のレタックスで活用しよう!

弔電を送るときに何処の電報サービス会社から申し込むかまずは考えると思います。
大きなところでは、やはり郵便局のレタックスやNTT電報が最初に頭をよぎりますよね。
私だけでしょうか・・・・・(汗)
郵便局のレタックスで弔電を送る際に十分に活用できる方法を紹介したいと思います。


実は郵便局の弔電レタックスはNTT電報とは大きく違う特徴があり、なんと「手書き」で送る事ができるので、心が感じる度合いの高い弔電が送れるでしょう。
また、郵便局のレタックスは電報としての機能だけではなく、供花として花を贈る事も可能ですし、香典としてお金を添える事も出来るという便利な機能を使いこなすのもいいでしょう。
供花や香典も弔電と一緒に送れると言う事は、お通夜や葬儀の場に駆けつけられない場合においては本当に便利性の良い機能ですから、自分の状況など踏まえて使用されると便利ですよね。


郵便局のレタックスの申し込みは、ファクシミリや電話で行う方法と郵便局の窓口で行う方法があり、ファクシミリや電話での申し込む場合には事前に郵便局に利用申込書を出す必要がありますから注意が必要です。
郵便局の窓口で申し込む場合には利用申込書などは必要なく、専門の用紙に弔意の文章を書き込み、それを提出すると大丈夫です。
午後3時頃までに受付分は、当日中の配達になるそうですが、確実ではないのでよく問い合わせる事も頭に入れておきましょう。


レタックスの利用料金は、文字数に関係なく一律580円で、配達日の3日前までに差し出せば110円の早割り料金割引となりますが、3日前に申し込む方って・・・いるのでしょうか?
このあたりは疑問ですけどね(汗)
台紙によって利用料金に差が出るので、台紙の種類には注意して選んでください。
北欧雑貨@通販とショップ

Page Top ▲

郵便局 弔電 レタックス

あまり知られてはいないが郵便局でも弔電や祝電と言った電報は受け付けている。
さすがにインターネットや電話に比べたら利用者は少ないが、独自のサービスがあり支持を受けている。
あまり聞き馴染みはないかもしれないが、「レタックス」と呼ばれているのが郵便局で受け付ける弔電・祝電の代表的なものである。
そのレタックスに関して、簡単に説明したい。


レタックスは郵便局の窓口で直接申し込む方法、ファックスで申し込む方法、電話で申し込む方法の3通りの手段がある。
ファックス・電話の場合は事前に郵便局に利用申込書を提出しなければならないので、直接窓口に向かって申し込むのが良いだろう。
そのレタックスの特徴は大きく2つあり、「手書きで送れる」ことと「文字数に関係なく料金が一律である」という所である。


まず「手書きで送れる」という特徴であるが、文字だけではなくてイラストまでも掲載する事が可能となっている。
そう考えると弔電と言うよりかは祝電に適しているかもしれないが、弔電用のサンプルツールも存在する。
楷書体で例文も用意されているので、その横に個人的なメッセージを伝達するのも良いであろう。
そして「文字数に関係なく料金が一律」と言う特徴であるが、580円か900円の二種類である。
この料金の差は台紙である。
5種類の台紙より選択を行う事になるが、弔電用の台紙は「弔」と呼ばれる専門封筒で580円のパターンとなる。
「ボタン」「ゆり」と言った写真付きの華やかな専門封筒が900円となる。
この2点が、テレックスの特徴と言っても良いであろう。

その他の基本的な規則は電話やインターネットによる申し込みと変わらない。
配送先や配送主(弔電の場合の喪主)などの情報の記載、更には配送日の指定などである。
レタックスの場合も15時までの差出でその日中に配送が可能となり、配達日の3日前までに差し出せば110円の割引も可能である。


簡単にレタックスに関して説明したが、やはりこの特徴部分は大きい。
形式的な祝電・弔電を送るのではなくてオリジナリティに富んだものを送りたいのであれば、手書きやイラストを掲載出来るレタックスは非常に魅力的であるし、そこまで手間を掛けたとしても料金が一律であり、他の申し込み方法に比べて圧倒的に安いというのが大きい。
私も先日祝電を友人の結婚式で送ったが、このレタックスを知っていればこの方法で送ったであろう。
故に、個人的な意見であるがこのレタックスはもう少し注目されても良いのではないかと私は思う。

【秋の気配】

カルティエ ハッピーバースデー
カルティエ キーリング
カルティエ マルチェロ
カルティエ 名古屋
カルティエ チャーム

Page Top ▲

郵便局の弔電について

郵便局の弔電についてご紹介したいと思います。


郵便局で弔電や祝電の電報が打てるのは皆さんご存知でしょうが、
郵便局の執り行う弔電や電報を
「レタックス」と言います。
郵便事業も「郵政民営化」になりましたが、
引き続き電報業務は執り行ってますのでご安心ください。


郵便局のレタックスで弔電を送る場合ですが、
申し込みは郵便局の窓口にある用紙に文章や
必要事項を記入します。
書かれた文字そのものが配達されるので、どこか
機械的な近年の文章とは、ちょっと雰囲気が違うでしょうか。

郵便局の弔電などを配達する時間は
午後3時までの受付分は、おおむね当日中に配達されますが、
離島や地域によっては、翌日になる事が多いです。


さらに郵便局のレタックスは、何文字であっても
定額であり、1通580円から1,700円の間で決まっています。
この料金の差額は配達台紙によって異なるので注意してくださいね。

Page Top ▲

郵便局レタックスとNTT電報の違い

郵便局のレタックスとNTT電報の違いってなんでしょうか?


郵便局のレタックスは手書きで弔電が送れるのは有名ですが、
電報会社で郵便局と並んで有名なNTT電報との違いってなんでしょう?
日本の電報サービスの歴史を刻み、様々な電報分野で
私たちに様々なサービスを提供し続けてくれている
郵便局のレタックスとNTT電報について考えて見ましょう。


ところで、皆さんは手書きの電報ってどう思われますか?
郵便局のレタックスは手書きの弔電が打てますが、
私は古風と言うか、機械化されていない部分があるのも大事だと感じます。

郵便局レタックスとNTT電報の違いについてですが、
NTTの電報料金は、台紙代+電報料で料金が変わってきます。
ここで、NTT電報の料金に対する詳細ですが漢字電報の場合は、25字までで700円。
以後5文字ごと90円ずつ加算され、カナ電報の場合は、25字まで490円です。
以後5文字ごと60円ずつ加算されていく料金システムなんですね。
台紙は「押し花電報(500円)」や「うるし電報(5,000円)」など、
様々に用意されていていますね。

ところが郵便局のレタックスは一律580円であります。
もちろん、選ぶ台紙の種類により金額は変わってきます。


郵便局のレタックスがいいとか、NTT電報の方がいいとか、
そういった問題ではなく、自分に適した電報はどれか?
それぞれの目で確かめてみるのが一番いい方法ですね。

Page Top ▲

郵便局のレタックスで弔電

郵便局のレタックスで弔電が打てるのは有名ですよね。


郵便局のレタックスで弔電を打つ場合の申し込み方法や
知っておいたほうが良い知識などを探ってみましょう。
また、NTT電報とは何が違うの?と、思われている方も
いるのではないでしょうか。
内容的に異なる特徴や内容が色々とあるんですよ。


郵便局のレタックスは弔電を扱うシステムであります。
実は、この郵便局のレタックスには他の電報会社にはない
意外な特徴があって、使われている方っているのかな?
と、思えるほどの内容になっていたりしますが、さて、何でしょうか・・・

郵便局のレタックスで大きな特徴と言えば
「手書き」で弔電を送る事が出来る点ではないでしょうか。


手書きで電報を送るのに抵抗感を持っている方もいるかも知れませんが、
タイプライターで打つような文字ではないので、人間らしいと感じて
心が伝わる印象度が強いですから、実は人気があるんですね。
また、電報だけの機能だけでなく、供花がある地域なら
花を添える事も出来ますし、お金を一緒に送り香典を添える事も可能なんです。


郵便局のレタックスの申し込みは、窓口で行う方法と、
ファクシミリや電話で行う2つの方法があります。
ファクシミリ・電話での申し込みの場合には、
事前に郵便局に利用申込書を出す必要があるので、注意しましょう。
郵便局の窓口でレタックスを申し込む場合には、用紙に弔意の文章を書き込み、
午後3時までに受付出来れば、そのほとんどは当日中に配達してもらうことが可能です。
一部の離島や地域により変わることもありますのでご確認ください。


郵便局のレタックスの弔電による利用料金は、文字数に関係なく
一律580円と言うのも、良心的ですよね。
さらに配達日の3日前までに差し出せば110円の料金割引です。
ですが、配達台紙のランクによって、料金が変化しますから
よく、確認することが必要ですので、注意してくださいね。

Page Top ▲