スポンサードリンク

通夜・葬儀で注意したいこと

訃報の連絡が入ったら、どのように行動したら良いのでしょうか。
故人が親しい方であったり、御近所の方であれば、お手伝いすることがあるかもしれません。
すぐに駆けつけて、何かお手伝いが出来ることがないか尋ねます。
マナーとして、駆けつける時には、エプロンなどを持っていくと良いでしょう。
人手が足りていれば、すぐに引き上げても失礼ではありません。
一旦、家に帰り、通夜と葬儀に参列するようにします。

通夜に参列すると、通夜振る舞いでのもてなしがあります。
現在は、折り詰の弁当やサンドイッチ、お寿司などが多く、勧められたら断らないのがマナーです。
さらに、一口でも口をつけることがマナーとされていますので、全部食べ切れなくても口をつけるようにしましょう。
折り詰などは、持ち帰ることも出来ますから、葬儀社の方に尋ねてみても良いでしょう。
地域によっては、お饅頭やお菓子で、もてなされるところもあります。
このため、通夜の際に『御淋し見舞い』として饅頭や茶菓子を香典と一緒に持参しても良いでしょう。
弔問客が多いと、大変喜ばれるものです。

故人と対面したい場合は、遺族から申し出を受けてから行いましょう。
以前、参列した葬儀で、遺族が席を外している間に、勝手に対面しようとしていた弔問客がいました。
葬儀社のスタッフに止められていましたが、このようにデリカシーのない態度は、マナー違反の何ものでもないでしょう。
遺族の気持ちを考えない行動をとって、白い目で見られないように気をつけましょう。

Page Top ▲

子供の葬儀について

お年寄りの葬儀では、お饅頭を配る地域があるのをご存知ですか?
私の住んでいる地域では、お年寄りの亡くなった年齢数のお饅頭を用意して、弔問客に配る風習があります。
そんな葬儀は、どことなくのんびりと、温かい感じを受けることがあります。

しかし、子供の葬儀は、本当に悲しいものです。
子供の葬儀にいく場合は、いつも以上にマナーに気をつけたいものです。
たとえば、自分にも同じ年頃の子供がいる場合は、子供を連れて葬儀に行ったり、自分の子供の話題をすることは遺族の気持ちを考えれば、避けたいものです。
ただし、子供の友人が亡くなった場合は、連れていって最後のお別れをさせてあげましょう。
また、ありきたりの決まり文句は、遺族の悲しみが増すだけになりますので、避けるようにしましょう。
遺族、特に両親にとっては、言葉をかけてもらうよりも、そっとしておいて欲しいというのが、正直なところではないでしょうか。
葬儀に参列した時には、黙礼するのみにして、後日、落ち着いてから連絡をとってはいかがでしょう。

また、このような場合、家族だけで見送りたいと思うのは当然です。
密葬家族葬との連絡が入ったら、参列は控えるのがマナーです。
お悔やみの電話などを入れて、喪家の意向を確認してみましょう。
可能であれば、後日にお参りに伺うのも良いでしょう。
その際の服装は、礼服ではなく平服にします。
もしもお断りをされたら、無理に行くことはマナーに反します。無理強いはしないようにしましょう。

Page Top ▲

大人として常識ある行動を

葬儀に参列する時のマナーは、細かいことまで言い出すとキリがありません。
全てをスマートにこなすことが出来る方は、そんなにいるものではありません。
また、たとえ完璧に出来なくても、さほど気にしなくても良いでしょう。

葬儀というのは、宗教によって焼香の仕方も違いますし、お供え物の種類も違います。
弔問客としてのマナーで大事なことは、焼香の仕方うんぬんよりも、喪家側の気持ちを考えて行動することではないでしょうか。
焼香後、遺族に長々と挨拶をされる方がいらっしゃいますが、他の弔問客もいらっしゃいますから、控えるようにしましょう。
さらに、友人や知人を見つけておしゃべりを始める人を見かけますが、葬儀に来ているのだという事を自覚してほしいものです。

携帯電話の電源も切るか、マナーモードにしておくことは、常識ですね。
それでも、時折、電話の着信音が聞こえる事があるのは、残念な事です。
自分だけならば、大丈夫といった考え方は、なくしましょう。
遺族にとって、大事な方を亡くした悲しみは、到底 図りきれないものです。
遺族の気持ちを考えた大人の行動をとるようにしましょう。

また、小さいお子さんを連れて行くのは、身内でない限り、なるべくなら遠慮したいものです。
どうしても連れて行かなければいけない場合は、葬儀がどういうものなのか、大勢の人が集まる場所でのマナーを教えてあげましょう。
葬儀自体を経験することは、悪いことではないのですから。

Page Top ▲

接待係・台所係について

世話役の中には、女性ならではのお世話係があります。
台所係といい、台所を預かる係のことです。

自宅で葬儀が行われる場合は、食事を作らなくてはいけない地域もあるそうです。
葬儀会社で行う場合は、お茶を出したり、お弁当を用意したりします。
その内容から、町内会(特に隣近所)の女性が依頼される事がほとんどです。

葬儀は、昔からのしきたりやマナーが根強く残っていることが多いものです。
例えば、自宅葬儀でいただくお味噌汁。
「お味噌汁の味噌」とか「中に入れる具」など、地域によって全然違いますね。
良かれと思って用意した材料が、年配者の方に却下されたという話も聞いた事があります。
初めてお手伝いをする時は、先輩方の意見は聞いたほうが良いようです。

また、お茶や食事をお出しするのですから、清潔感がある身なりでお手伝いをするのがマナーです。
白いエプロンや割烹着は、一着用意しておくと良いでしょう。

接待係は、弔問客にお茶や茶菓子で接待する係をいいます。
場合によっては、通夜ぶるまいと言って、お食事を勧められる事もあります。
弔問客は、勧められたらお断りをしないで、少しでもいいので頂くようにしましょう。
かといって、長居をしていいわけではありません。
折を見て、退出するようにします。
その際は、喪家に一言お悔やみを申し上げて退出しましょう。

接待係は、お茶出しをしたら、終わりではありません。
マナーとして、片付けも責任を持って行うようにしましょう。

Page Top ▲

返礼品について

葬儀に参列すると、返礼品といってお礼の品をいただきます。
小さい箱に入っているもので、葬儀に参列したことがある方は、ご存知でしょう。
地域によって渡し方はいろいろで、受付の際に頂く場合や葬儀後に頂く場合があります。
これは、弔問に訪れた方全員に、お礼の気持ちとして渡される品です。

通夜や葬儀の返礼品は、茶葉やハンカチ、海苔などが多く、1000円程度のものが一般的です。
なかには、返礼品を受け取るのを辞退される方がいらっしゃいます。
しかし、返礼品の中には礼状も入っていて、喪家側のお礼の気持ちを表したものなので、頂いて帰るのがマナーといえるでしょう。
また、香典を連名で用意した場合は、人数分頂くようにします。

地域によっては、香典返しを葬儀の当日にお渡しするところがあります。
これを即日返しといい、2500円程度のものが配られます。
葬儀の返礼品と同じく、海苔や茶葉の詰め合わせが多いようです。
それ以上のお返しが必要な場合は、四十九日が明けてから、喪家側から香典返しが送られてきます。

また、葬儀の返礼品には、お清めの塩が入っています。
塩で清めるとか、弱っている心を切り替えるため・・・などいろいろな言い伝えがあるそうです。
しかし、浄土真宗は清め塩をしないというのがマナーです。
浄土真宗の葬儀で、弔問客から「塩が入っていない」と言われることがありますが、決して間違いではありません。
このような事も、葬儀のマナーとして知っておくと良いでしょう。

Page Top ▲