スポンサードリンク

トップページ >NTT 弔電> NTT西日本 弔電

NTT西日本 弔電

「弔電の申し込みはNTT西日本で」とのキャッチコピーがある位、NTT西日本は祝電・電報などに関しては圧倒的な自信を持っている。
NTTと言えば我々がもっともなじみ深い携帯電話が浮かんでくるが、電報に関しても業界の中では圧倒的なシェアを所有しているのだ。


従来は電話でしか電報は受取っていなかったが、この情報化社会の背景もあってか、最近ではD-MAILといったインターネットで祝電・弔電などの電報を送ることが出来るサービスを開始し、今現在ではこのD-MAILが主流となっている。
こうしたインターネット上での受付によって24時間の対応が可能になったのである。
また、NTT西日本の母体であるNTTではDocomoという携帯電話も開発していて、そのDocomoの代名詞でもあるi—modeでの祝電・弔電の受付も可能となっている。
ただ、携帯電話を使いこなす層がそこまで祝電や弔電を頻繁に利用する世代では無いので、こうした携帯電話での祝電・弔電を申し込む機会は少ないのが現状である。


よって、NTT西日本で行なう電報の主流は、このD-MAILと言っても過言ではないであろう。
故にこのD-MAILを使用して電報を打つステップをもう少し細かく説明したい。
まず、このD-MAILには大きく分けて2つの種類が存在する。
それは「個人用」と「法人用」であり、主に電報を個人で打つか、企業単位で打つかなどによって使い分ける。
そうして個人用か法人用かを選択し、次の手順としては利用規約を読み、基本情報を入力する。
基本情報とは「表題」、弔電か祝電かなどの「用途の選択」、「届け先の情報」、「配達希望日」などである。

そうして電報の台紙や文章を選択するが、NTT西日本のホームページを見ると確認出来るが多くの台紙や例文が存在する。
台紙はキャラクターものやベーシックなものまで幅広い種類があり、例文はお祝い、お悔やみなど行事に応じて料金も変わるが多くのパターンを使う事が可能である。
もちろん弔電にキャラクターものの台紙を使用するなどは避けるべきである。
そして、最後には内容を確認する事になるが、この際に台紙や文字数などの概算料金も表示されるので、支払い方法を選択して終了となる。


このようにNTT西日本のD-MAILのサービスは電話で祝電・弔電を打つよりも遥かに簡単で判りやすい。
全てが全てでは無いが、こうしてインターネットを使用して電報を打つ事は最早標準となりつつあるのだ。

【噂の検証】

カルティエ ジュエリー
カルティエ バングル
カルティエ c2
カルティエ 万年筆
カルティエ マスト

Page Top ▲