スポンサードリンク

トップページ >NTT 弔電> NTT 弔電の紹介

NTT 弔電の紹介

弔電に関してやはりNTTが圧倒的にシェアを拡大している事は事実である。
我々のような若くて比較的弔電を打つような機会が少ない人間にとっても弔電というものが電話回線を必要とすると言う事は知っていて、電話回線と言えばNTTが浮かんでくる。
よって、「弔電」→「電話回線」→「NTT」という三段論法で、弔電と言えばNTTとイメージを持っている。
これがNTTの強みと言っても良いであろう。


NTTは静岡を境に西日本と東日本に分かれていて、それは単純にエリアによって分類されているというだけであるが、両者のホームページを見て弔電に関して比較検証を行った結果、圧倒的にNTT東日本のバリエーションが豊富である事に気付いた。
それは台紙の種類であり、例文の種類、更には各行事の種類など全ての面であり、NTT東日本の電報(弔電含む)のサービスの豊富さを私は感じた。
やはり首都である東京、更には神奈川や埼玉、千葉と言った人口の密集している地域はそれだけそのような弔電や祝電を打つ機会が多いからであるとは思うが、同じNTTでも西日本と東日本でここまで差があるのは果たして良いのだろうかと考えてしまう。

ただし、東日本でも西日本でも共通してD-MAILによるインターネット受付の電報サービスが主流であり、それに付随した形での「115番」による電話ダイヤル受付、レタックスなどと言うサービスを行うのは変わらない。
よって西日本と東日本の差は単純に「台紙の種類」「例文の種類」「各行事の種類」と言っても良いのかも知れない。


そしてそうした部分はあくまで枝葉の部分であり、本質的なサービスがあれば構わないと私は思うが、同じNTTの開発するDocomoなどの携帯電話を比較の例として出したいが、最近の若年層は携帯電話の中でもメールにプライオリティーが高く、そのメールの中でも絵文字に対するプライオリティーが高い。
よって機種変更などの決め手が絵文字になるというケースも存在する。
その絵文字は携帯電話が持つ本質的な機能と考えればあくまで枝葉の機能ではあるが、Docomoは絵文字の豊富さで若年層のシェアを拡大した事も事実である。
それを電報と同列に考えるのは違うかも知れないが、たかが台紙や例文であり、されど台紙や例文である。

枝葉の部分が幹である部分を凌駕する携帯電話業界の現状を考えると、このNTT西日本と東日本で台紙、例文などが違うことがやはり私にはいささか気になる。

【気になるサイト】


カルティエ ブレスレット
カルティエ ライター
カルティエ キーケース
カルティエ パンテール
カルティエ ピアス

Page Top ▲