スポンサードリンク

NTT西日本 弔電

「弔電の申し込みはNTT西日本で」とのキャッチコピーがある位、NTT西日本は祝電・電報などに関しては圧倒的な自信を持っている。
NTTと言えば我々がもっともなじみ深い携帯電話が浮かんでくるが、電報に関しても業界の中では圧倒的なシェアを所有しているのだ。


従来は電話でしか電報は受取っていなかったが、この情報化社会の背景もあってか、最近ではD-MAILといったインターネットで祝電・弔電などの電報を送ることが出来るサービスを開始し、今現在ではこのD-MAILが主流となっている。
こうしたインターネット上での受付によって24時間の対応が可能になったのである。
また、NTT西日本の母体であるNTTではDocomoという携帯電話も開発していて、そのDocomoの代名詞でもあるi—modeでの祝電・弔電の受付も可能となっている。
ただ、携帯電話を使いこなす層がそこまで祝電や弔電を頻繁に利用する世代では無いので、こうした携帯電話での祝電・弔電を申し込む機会は少ないのが現状である。


よって、NTT西日本で行なう電報の主流は、このD-MAILと言っても過言ではないであろう。
故にこのD-MAILを使用して電報を打つステップをもう少し細かく説明したい。
まず、このD-MAILには大きく分けて2つの種類が存在する。
それは「個人用」と「法人用」であり、主に電報を個人で打つか、企業単位で打つかなどによって使い分ける。
そうして個人用か法人用かを選択し、次の手順としては利用規約を読み、基本情報を入力する。
基本情報とは「表題」、弔電か祝電かなどの「用途の選択」、「届け先の情報」、「配達希望日」などである。

そうして電報の台紙や文章を選択するが、NTT西日本のホームページを見ると確認出来るが多くの台紙や例文が存在する。
台紙はキャラクターものやベーシックなものまで幅広い種類があり、例文はお祝い、お悔やみなど行事に応じて料金も変わるが多くのパターンを使う事が可能である。
もちろん弔電にキャラクターものの台紙を使用するなどは避けるべきである。
そして、最後には内容を確認する事になるが、この際に台紙や文字数などの概算料金も表示されるので、支払い方法を選択して終了となる。


このようにNTT西日本のD-MAILのサービスは電話で祝電・弔電を打つよりも遥かに簡単で判りやすい。
全てが全てでは無いが、こうしてインターネットを使用して電報を打つ事は最早標準となりつつあるのだ。

【噂の検証】

カルティエ ジュエリー
カルティエ バングル
カルティエ c2
カルティエ 万年筆
カルティエ マスト

Page Top ▲

NTT 弔電の紹介

弔電に関してやはりNTTが圧倒的にシェアを拡大している事は事実である。
我々のような若くて比較的弔電を打つような機会が少ない人間にとっても弔電というものが電話回線を必要とすると言う事は知っていて、電話回線と言えばNTTが浮かんでくる。
よって、「弔電」→「電話回線」→「NTT」という三段論法で、弔電と言えばNTTとイメージを持っている。
これがNTTの強みと言っても良いであろう。


NTTは静岡を境に西日本と東日本に分かれていて、それは単純にエリアによって分類されているというだけであるが、両者のホームページを見て弔電に関して比較検証を行った結果、圧倒的にNTT東日本のバリエーションが豊富である事に気付いた。
それは台紙の種類であり、例文の種類、更には各行事の種類など全ての面であり、NTT東日本の電報(弔電含む)のサービスの豊富さを私は感じた。
やはり首都である東京、更には神奈川や埼玉、千葉と言った人口の密集している地域はそれだけそのような弔電や祝電を打つ機会が多いからであるとは思うが、同じNTTでも西日本と東日本でここまで差があるのは果たして良いのだろうかと考えてしまう。

ただし、東日本でも西日本でも共通してD-MAILによるインターネット受付の電報サービスが主流であり、それに付随した形での「115番」による電話ダイヤル受付、レタックスなどと言うサービスを行うのは変わらない。
よって西日本と東日本の差は単純に「台紙の種類」「例文の種類」「各行事の種類」と言っても良いのかも知れない。


そしてそうした部分はあくまで枝葉の部分であり、本質的なサービスがあれば構わないと私は思うが、同じNTTの開発するDocomoなどの携帯電話を比較の例として出したいが、最近の若年層は携帯電話の中でもメールにプライオリティーが高く、そのメールの中でも絵文字に対するプライオリティーが高い。
よって機種変更などの決め手が絵文字になるというケースも存在する。
その絵文字は携帯電話が持つ本質的な機能と考えればあくまで枝葉の機能ではあるが、Docomoは絵文字の豊富さで若年層のシェアを拡大した事も事実である。
それを電報と同列に考えるのは違うかも知れないが、たかが台紙や例文であり、されど台紙や例文である。

枝葉の部分が幹である部分を凌駕する携帯電話業界の現状を考えると、このNTT西日本と東日本で台紙、例文などが違うことがやはり私にはいささか気になる。

【気になるサイト】


カルティエ ブレスレット
カルティエ ライター
カルティエ キーケース
カルティエ パンテール
カルティエ ピアス

Page Top ▲

NTT西日本 弔電

NTT西日本の弔電の文例や例文についてご紹介します。


NTT西日本で弔電を送る場合、申し込みは電話やFAXはもちろん、
携帯電話やパソコンなどのインターネットから受付が出来るので、
それぞれの形態にあわせて申し込みを受け付けしてください。


NTT西日本の弔電などの電報は、
海外からのお申し込みや、お届けは行っていないので、
注意してくださいね。


また、NTT西日本の弔電の支払い方法は
一般加入電話に含めた支払い方法の他に、
クレジットカードからの支払いも可能ですので、ご確認ください。
ntt西日本の弔電の文例や例文をご紹介していきたいと思います。
また、法要の文例や例文もご参考ください。

NTT西日本の弔電、法要の文例、例文です。


○最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。     
仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。   
ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。


○会いたい、会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れ
になってしまいました。悔しくてなりません。ご冥福をお祈りいたします。


○先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。 
先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。
どうか安らかにお眠りください。

○御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に
衷心より哀悼の意を表します。

■ 法要


●回忌にあたり、故人の数々のご遺徳を偲び、衷心より哀悼の意を表します。


●回忌のご法要に際し、あらためて悲しみがつのります。
ご生前の面影を偲び、遥かにご冥福をお祈りいたします。


●一周忌のご法要にあたり心より故人のご冥福をお祈りいたします。


●●様の初盆を迎えられて、悲しみを新たにされていることと思います。
心よりお悔やみを申しあげますとともに、お子様のためにも
元気を出されますよう願っております。


●故人の一周忌と伺い、悲しみを新たにしております。
お身内の方の悲しさ、寂しさはいかばかりかとお察し申しあげます。     
ご法事に出席できませんが、当日は心ばかりの香花をたむけ、
故人を偲びたいと思っております。


NTT西日本より引用 http://dmail.denpo-west.ne.jp/


この様にNTT西日本では弔電や法要の文例、例文も
用紙してますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Page Top ▲

NTT電報で弔電を送る

NTT電報で弔電を送る時の仕組みや特徴を紹介します。


弔電や祝電などの電報で有名なのはNTTや郵便局だと
すぐに私は想像してしまいます。
まあ、それだけNTT電報などは世間一般に広く知れ渡っていますからね。
NTTは通信会社ですし、安心感も大きいですからね。


NTT電報で弔電を打つ場合の注意点や方法について
色々と調べてみましょう。

NTT電報で弔電を送る場合、通常の「115」をかけて
弔電を電話やFAXで送る方法は従来と変わりません。
ですが、近年のパソコンや携帯電話の普及によって、
インターネットから弔電の申し込みが行える上に、
支払いもカードや電話料金に含めたりと、
利用料金や料金体制もずいぶんと様変わりしてきました。


NTTのインターネット電報は別名を「D-MAIL」とも呼び、
弔電を送る場合には、1ヶ月前から予約できる上に
当日に届けたい場合は午後7時までなら、お届けが可能であります。


弔電の申し込みも、NTTのホームページ画面から
簡単入力で、文章も弔電の文例や例文を参考に出来ますし、
迷うことなくスピーディーに作成することも、送ることも可能です。
料金も文字数や台紙のデザインなどで、色々と選べますし、
自分にあったスタイルでチョイスしながら弔電を送りましょう。

Page Top ▲

ntt弔電の電報

nttの弔電と電報についてですが、
弔電はお悔やみの場へ送るひっそりとしたものです。


つまり、それは悲しみを抱いたメッセージでもあり
今後のお付き合いや、ご家族の心中も察した
弔電の送り方を考えるのもマナーであります。


NTTの弔電電報は、文例や例文もたくさんあるので
色々と参考にしてみて下さい。

NTTの電報を使用して、様々な電報がありますが、
緊急を要する場合がほとんどである弔電ですから
いざと言うときは、やはりnttの電報をえらんでしまう自分もいます。


情報急送、NTTの電報を含んでいるだけでなく
電報を使用するときに心配させられた発生と話を含んでいます。
無関係なことはなく、それは電報を使用する時間としてあります。
どんな種類で、どんな時間でも、お悔やみの電報は
遅れて送るのは避けて、時間はあらかじめ確認しましょう。


もちろん、会場の確認も必要ですし、
それらの確認をきちんとすませてから、nttへの電報なり、弔電なりを
申し込まれると間違いないでしょう。


nttの弔電電報についてでした。

Page Top ▲