スポンサードリンク

弔電 お礼

遺族の方は葬儀の際に弔電を受け取った場合、その送り主にお礼をするのが礼儀であり、筋である。
そのお礼の内容としてはこうでなければならないと言った決まりは無いが、まずは「弔電を送ってくれた事に対する感謝」、そして「葬儀が無事に終ったとの報告」、最後に「亡くなられた方が生前に世話になった」などと言った事を伝えるのが理想であろう。


お礼の方法は電話で直接送り主と話してお礼を言う方法や、書面で伝えたりする方法が存在するが、一般的には電話でお礼を言うのが主流である。
それも出来るだけ葬儀が終ってから早くに伝えた方が良いだろう。


また、弔電が余りにも多く電話で対応しきれない場合は葉書などで伝えるのも一つの方法である。
あらかじめ文章が記載されている弔電のお礼用の葉書と言ったものも販売しているので、それを購入するのも手である。
また、e-mailなどでお礼を伝えると言った方法も存在するが、それは年輩の方に送るよりかは若い層を対象とするべきであろう。
このように電話、葉書、e-mailという方法があるが、どれが正解だというものは無いので、受け取った弔電の数や相手に応じて対応すれば良いだろう。

基本的に弔電のお礼を品物で返すと言った事はあまり考えられない。
弔電のお礼は香典返しとは違うのである。
香典返しは金品であるため、品物を購入する際には頂いた香典から支払えば良いが、弔電は料金が文面や台紙などにもよって変わってくるのでそれを一つ一つ調べるのは骨であるし、実際に金品を頂いた訳では無いので費用を発生させてまでして返すと言った事はあまり主流ではない。


ただ、主流ではないだけであって禁止されている訳では勿論無いので、どうしても費用を掛けてでも弔電のお礼を渡したいのであればそれは弔電の受け取り側の判断である。
また、個人からではなく会社から弔電を受け取ると言った場合も存在するが、そのような場合は会社宛に書くというのはあまり見られないので、会社宛に土産か何かを提出すると言った事も一つの方法である。


以上が弔電を受け取った際のお礼の一般的なスキームであるが、要は弔電を頂いた感謝の気持ちを表せればそれで良いので、媒体や商品、そして文面などはそこまで重要ではないのだ。
葬儀の場に足を運べなかった事を気にして、わざわざ書面で亡くなられた方に対する追悼の気持ちを伝えてくれたという行為に対して、誠意のある対応さえ出来れば電話でもe-mailでも構わないし、費用を掛けようが掛けまいが関係無いという事である。

【話題の流れ】

カルティエ バレリーナ
カルティエ トリニティ
カルティエ バロンブルー
ワールド カルティエ
カルティエ ベルト

Page Top ▲