スポンサードリンク

弔電 お礼状

弔電のお礼状の書き方についてです。


弔電をいただいた場合は、葬式、葬儀が終わり
少しずつでも落ち着いてきた時間が出来ましたら
弔電をいただいた方へのお礼状を書いて送るのもマナーです。


お悔やみに対する弔電をいただいた方への
お礼状の書き方ですから、
急いで出す必要はありません。
葬儀等が終了して、ひと段落してからで十分です。

弔電のお礼状の書き方についてですが、
下記に例文を表記させてみました。
ご参考にしてください。


【弔電のお礼状の書き方】


・謹啓


○○の葬儀に際しまして、早速ご鄭重なるご弔電をいただき
誠にありがとうございました。
ご弔意のお言葉謹んでお受けいたし、
霊前に供えさせていただきました。


お心遣いに感謝申し上げると共に、
○○の生前のご交誼に対し厚く御礼申し上げます。
何卒これからもよろしく、ご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。


敬白
住所○○○○○○  名前○○○○


弔電のお礼状の書き方としては
文章は謹啓からはじまり、敬白で閉じることが大切であります。
誰のお葬式についてか、何についての御礼なのかを
簡潔に、明白に書く事が必要です。
最後に住所と名前を忘れずに入れましょう。
弔電を出す側にも、もらう側にもマナーや常識があるので
知識として覚えておくと良いですね。
くれぐれも失礼のないように注意を払いましょう。


弔電のお礼状の書き方についてでした。

Page Top ▲