スポンサードリンク

トップページ >弔電 マナー> 弔電と電報のマナー

弔電と電報のマナー

弔電と電報のマナーについて「何も分かりません」で済むのは、若い世代の方でしょう。
ある程度の年齢ならば、常識的なマナーは知っておかなくては、恥ずかしいものです。
しかし、葬儀は頻繁にとり行われるものではありませんし、
土地柄や宗派によって、弔電と電報のマナーもいろいろ違います。


最低でも、笑わない・派手なメイクは慎む・おしゃべりはしない
・携帯電話の電源は切る・・・これくらいのマナーは覚えておきましょう。
また、受付で香典をお渡しする際にも「お願いします」と言って、
渡す方がいらっしゃいます。
この場合、受付に座っている方は遺族と他人であっても、
遺族側の立場で立っていらっしゃいますから「この度はご愁傷様でございます」
と言ってお渡しするようにしましょう。


また、香典袋に入れるお札は、お年玉と違って新札をいれるのは
タブーとされています。
汚すぎても問題ですが、なるべく古いお札を用意しましょう。
弔電と電報のマナーとしては、日時や葬儀が執り行われる
場所の確認、宛名、宛先はしっかり確かめるのが大切です。


他にも、遺族に弔電や挨拶をする際は、忌み言葉を用いないようにしたり、
長々と話さない等のマナーがあります。
いろいろ考えすぎると、難しい印象がありますが、大事なのは、
故人を偲ぶ気持ちでしょう。 ランキング

遺族は、悲しい気持ちに加えて、葬儀の段取りなどで多忙を極めています。
遺族側の気持ちも考えた対応をしましょう。


弔電や葬儀に限ったことではありませんが、相手の気持ちを思いやって、
大人として最低限の弔電と電報のマナーは守りたいものですね。
なるべく、スマートな立ち居振る舞いが出来るようにしましょう。

Page Top ▲