スポンサードリンク

トップページ >弔電 マナー> 弔電と葬儀のマナー

弔電と葬儀のマナー

弔電や葬儀などのお悔やみに関する事柄にはマナーがあります。
弔電も文例や例文を参考にしながら正しい送り方や書き方が必要です。
現代は、インターネットのおかげで、分からないことは全て分かるようになりました。
弔電や葬儀に関するマナーも、検索すればいろいろな情報を教えてくれます。


しかし、弔電や葬儀は昔からのしきたりやマナーが根強く残っているものです。
特に、田舎のほうへ行けば行くほど、その特徴は濃いように思います。
本来ならば、葬儀は年齢順にとりおこなわれるものですし、
年齢順におこなわれるべきですよね。
昔から、弔電や葬儀のマナーは年配者を見て覚え、
またそれを次の世代につなげてきたのです。


しかしながら、都市部のほうでは、密葬や家族葬が増えているそうです。
家族だけで見送りたいというのもあるでしょうが、近隣とのつながりが
薄くなっている現代社会では、仕方のないことなのかもしれませんね。
また、現在は葬儀社の数も多くホールの設備も充実していますから、
「もしもの時はここで」と決めている方もいらっしゃることでしょう。
ホールで行う葬儀は、葬儀社が段取りを進めて下さいますから、
分からなくても無事に終わることが出来ます。


世話係も、簡単なお手伝いをするだけで済みますから、
弔電や葬儀に詳しい方は少なくなってきているのではないでしょうか?
葬儀の段取りに詳しくなくても、弔電や葬儀に関するマナーは
最低限のことは覚えておきましょう。 ランキング

先に述べたインターネットを活用しても良いでしょうし、
弔電や葬儀のマナー本を一冊常備しておくのも良いでしょう。
身内やご近所に年配者がいらっしゃれば、伺うのも良いですね。


きっと、親身になって教えて下さることでしょう。
年配者の言うことは、聞いておいても損は無いことが多いものですよ。

Page Top ▲