スポンサードリンク

トップページ >弔電 マナー> 弔電とお葬式

弔電とお葬式

弔電とお葬式の関係についてですが、
お葬式とは、辞書などによると、「葬儀ともいい、故人の冥福を祈り、
成仏することを願って遺族や近親者が営む祭儀の一部」となっています。
しかし、一般的には、葬儀と告別式が一緒になったものをお葬式と呼んでいます。


お葬式のうち、葬儀が遺族や近親者が故人の魂を送るために行う
宗教的な儀式であるのに対して、告別式の方は、故人の友人、
知人が最後の別れをする社会的な式典をいいます。
この式典の中で弔電は披露されることが多いです。


かつて人々は、葬儀の後、墓地のある寺や火葬場まで、
列を組んで遺体を送りました。
これを、葬列または野辺送りといいますが、
これに代わって行われるようになったのが、現在の告別式。
もともと告別式は葬儀が終わってから行われるものでした。

しかし最近では、一般の会葬者が火葬場まで行くことがなくなったため、
告別式は焼香を中心に、葬儀と同時に行うことが多くなっています。
一般の弔問客も葬儀から出席することが多くなりました。


しかし本来、遺族が故人への想いに集中すべき時間である葬儀と、
参列者への感謝を示したい告別式とは、まったく心の持ちようが違うもの。
そのことをよく認識した上でお葬式を行うようにしたいものです。
弔電の送り方や出し方にも注意しましょう。

Page Top ▲