スポンサードリンク

弔電と葬儀

弔電と葬儀の関係についてですが、
葬儀とは、一般的には、告別式の前に行われる祭儀をいい、
正確には葬儀式といいます。


しかし、広い意味では、人が死亡してから
法要までの一連の儀式をさします。
この儀式の流れの中の一部に「弔電」が披露される訳です。


葬儀の目的は、遺族や近親者などが故人の冥福を祈り、
成仏することを願うことです。
葬儀には仏式、神式、キリスト教式などがあり、
宗教により様式が異なります。
現在日本で行われる葬儀の多くは仏式によるものですが、
そのしきたりは、各宗派や地方、会場などによって多少の違いがあります。


仏教での葬儀式の手順は、宗派や地域により違いがありますが、
一般的には次のような順で行われます。

遺族・親族・参列者着席→僧侶入場→開式の辞→読経→
弔辞・弔電披露→焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞


一方、臨終から法要までの一般的なスタイルによる
大まかな流れは次のようになります。


臨終→葬儀準備→納棺→通夜→葬儀・告別式→出棺→
火葬→直後儀礼→精進落とし→納骨→法要


葬儀に関しては、葬儀社の人が手はずを整えてくれるので、
特別な準備や心配の必要はないでしょう。
弔電は葬議場であれば係りの方や読み上げる(披露する)方が決まっているので、
こちらもお任せするかたちになるでしょうね。

Page Top ▲