スポンサードリンク

トップページ >弔電 マナー> 弔電のマナー

弔電のマナー

弔電にもマナーや常識、知っておきたい知識などがありまが、
弔電は不幸があった際に、お悔やみに駆けつけられない場合に
打つ電報のことを言います。


喪家では準備や弔問客の対応で忙しく、
色々な連絡用で電話も頻繁に使用していますので、。
くれぐれも電話でのお悔やみは慎み、
お悔やみは電報に代えるのが礼儀です。


弔電にも色々なマナーがあり、
厳粛な場へ送るものだということを忘れずに、
顔が見えない分失礼のないようにする事が大切です。

電話で弔電を打つ場合はNTTの115に電話し、
受付時間は午前8時から午後10時までになると言う事を覚えておきましょう。


注意が必要なのは午後7時以降の申し込みは翌日の配達となります
(インターネットによるNTTサイトでの申し込みは24時間です)。
できれば葬式や告別式の前日までに弔電の申し込みを済ませておきましょう。


社葬や、団体葬儀のように前もって日時がわかっている場合、
期日指定で3日前までに申し込めば一通につき150円の値引きになります。
打ち方がわからなくても115で丁寧に教えてくれます。


弔電の基本事項は、期日を正確に厳守することが大事です。
弔電の基本とマナーと常識についてでした。

Page Top ▲