スポンサードリンク

弔電と弔問のマナーの関係

弔電と弔問はお通夜や葬儀には両方必要だと思っている方が以外にも多いですよね。


実は、弔電と言うものは、弔問できない場合に送る電報の意味があるのです。
ですから、弔問する場合においては基本的に弔電を送る必要はないと言えるでしょう。
各個人間での弔電と弔問の両方を行う人は少ないのですが、会社関係や企業関係、団体での職場における弔問をしていながらも、個人的に弔電を送ってしまうケースが度々見られる事も稀ですがあります。
弔電と弔問の両方は必要ないのですから、このあたりは特に注意したい弔電や弔問のマナーではないでしょうか。


出来る限りは弔問したほうがいいです。
しかし、誰しも急な悲報を聞いて駆けつけれない場合もあるのです。
そう言ったときの人としての最低限のマナーとして弔電の電報は意味するところにあるんでしょうね。
ただ、弔電を送ったからそれでおしまし・・・ではなく、後日、できるだけ早く弔問としながら足を運ぶ事を忘れずに心がけると良いでしょう。


弔電と弔問にも色々と注意しなくてはならないマナーや基本、常識がありますので、覚えておくといいですね。
子供の習い事


Page Top ▲

弔電のマナーで大切な事柄

弔電を送る場は葬儀や告別式の場であり、それは結婚式で送る祝電などとも180度違う厳粛な場に送るものなので最低限のマナーは絶対に守らなければならない。
ちょっとした言葉の選び方1つで遺族の方に対して失礼極まりない態度を取るような事は避けたいので、最低限必要な弔電のマナーをここで整理しておく。


まず大前提であるが、弔電を送るという事は何らかの理由で通夜や葬儀に参加出来ない人が送るものである。
一番良いのはまず参加をして故人を追悼すること、そしてその場で遺族の方に直接言葉を交わして、少しでも遺族の方に対して励ます事が理想であるが、人にはそれぞれ事情がある為に参加出来ないという事もあるので、その代わりに弔電を送るという仕組みである。


こうした弔電を送る上でのマナーを5W1Hで考えたい。
当たり前だが「WHAT(何を)」は弔電であり、「WHY(何故)」は上記で説明したので省略するとして、まずは「WHEN(何時)」である。
これは通夜の当日か、遅くても告別式が始まる前には届けておきたい。
早すぎたり遅すぎたりするものでも無いので、事前に日程を調べて送る事が望ましい。
また、受付時間などで実際に送れる時間がずれたりするので、抜かりなくこうした時間も整理しておかなければならない。

次に「WHERE(何処に)」だが、遺族の自宅ないし葬儀会場に送るのが基本である。
「WHO(誰が)」は、しっかりと自分の名前を明記するのは当然であるが、亡くなられた方と送り主がどのような関係にあるのかを明記する必要がある。
それが個人としてなのか団体としてなのか、更にはどのような団体なのかなど漏れなく情報を記載するのがベターであろう。
また、「誰に」という意味としては一般的には喪主宛に送るのが望ましい。
そして問題は1Hの部分、「HOW(どのように、どんなふうに)」であるが、弔電用に用意された例文を使うのが差し支えないであろう。
全てマナーに遵守した形で作られた形式のある文章であり、無くなられた方の敬称別・死因別にも対応しているので、こうした例文で弔電を打つのが基本とも言える。


簡単にではあるが、上記の5W1Hを抑える基本を徹底する事が最低限のマナーである。
冒頭でも触れたが遺族の方にけして失礼があってはならないので、日付を間違えたり、宛名や宛先を間違えたり、忌み言葉などを使用したりする事は絶対に避けなければならないので、弔電を打つ際にはこれらの最低限のマナーを守って遺族の方を慰めるべきである。

【お勧め情報】

カルティエ キーホルダー
カルティエ サントスガルベ
カルティエ サントス100
カルティエ 新宿
カルティエ トリニティリング

Page Top ▲

弔電 お礼

遺族の方は葬儀の際に弔電を受け取った場合、その送り主にお礼をするのが礼儀であり、筋である。
そのお礼の内容としてはこうでなければならないと言った決まりは無いが、まずは「弔電を送ってくれた事に対する感謝」、そして「葬儀が無事に終ったとの報告」、最後に「亡くなられた方が生前に世話になった」などと言った事を伝えるのが理想であろう。


お礼の方法は電話で直接送り主と話してお礼を言う方法や、書面で伝えたりする方法が存在するが、一般的には電話でお礼を言うのが主流である。
それも出来るだけ葬儀が終ってから早くに伝えた方が良いだろう。


また、弔電が余りにも多く電話で対応しきれない場合は葉書などで伝えるのも一つの方法である。
あらかじめ文章が記載されている弔電のお礼用の葉書と言ったものも販売しているので、それを購入するのも手である。
また、e-mailなどでお礼を伝えると言った方法も存在するが、それは年輩の方に送るよりかは若い層を対象とするべきであろう。
このように電話、葉書、e-mailという方法があるが、どれが正解だというものは無いので、受け取った弔電の数や相手に応じて対応すれば良いだろう。

基本的に弔電のお礼を品物で返すと言った事はあまり考えられない。
弔電のお礼は香典返しとは違うのである。
香典返しは金品であるため、品物を購入する際には頂いた香典から支払えば良いが、弔電は料金が文面や台紙などにもよって変わってくるのでそれを一つ一つ調べるのは骨であるし、実際に金品を頂いた訳では無いので費用を発生させてまでして返すと言った事はあまり主流ではない。


ただ、主流ではないだけであって禁止されている訳では勿論無いので、どうしても費用を掛けてでも弔電のお礼を渡したいのであればそれは弔電の受け取り側の判断である。
また、個人からではなく会社から弔電を受け取ると言った場合も存在するが、そのような場合は会社宛に書くというのはあまり見られないので、会社宛に土産か何かを提出すると言った事も一つの方法である。


以上が弔電を受け取った際のお礼の一般的なスキームであるが、要は弔電を頂いた感謝の気持ちを表せればそれで良いので、媒体や商品、そして文面などはそこまで重要ではないのだ。
葬儀の場に足を運べなかった事を気にして、わざわざ書面で亡くなられた方に対する追悼の気持ちを伝えてくれたという行為に対して、誠意のある対応さえ出来れば電話でもe-mailでも構わないし、費用を掛けようが掛けまいが関係無いという事である。

【話題の流れ】

カルティエ バレリーナ
カルティエ トリニティ
カルティエ バロンブルー
ワールド カルティエ
カルティエ ベルト

Page Top ▲

弔電や弔辞を頼まれたら

弔電や弔辞を頼まれる人は中にはいるかと思われます。
故人と親しい間柄であると、葬儀での弔辞を頼まれることがあるでしょう。
マナーとして、依頼されたらよっぽどの理由がない限り断らないようにします。


弔辞で何を言えば良いのかは一番悩める事の一つでしょう。
弔電の場合は、届いた弔電のなかから故人の遺族と相談していくつか読めばいいですが、
弔辞の場合、大事なのは、故人の長所を述べたり、
功績を讃えるとともに自分との関係や思い出を入れることです。
自分の気持ちばかりが強調されないように、バランスを考えて書き上げます。
遺族に対する励ましや慰めの言葉も入っていると、尚更良いでしょう。
あまり長々と話すことは避け、2~3分で終わらせられる内容にしておくことが、
一般的な弔電や弔辞のマナーだと言われています。
また、繰り返す意味を持つ言葉は、決していれないように気をつけましょう。


弔電や弔辞を書く紙は巻紙か奉書紙に薄めの墨で書くのがマナーと言われています。
しかしながら、最近は時代の流れも手伝い、便箋で
白い封筒に入れたものでも良いようです。
封筒は、二重になっていない一重の封筒を用いるようにしましょう。
表には「弔辞」または「弔詞」と書くようにします。
弔辞や弔電は、葬儀で故人へ語りかけるものですが、遺族が保管しておくものなので、
持ち帰らずに封筒に戻して祭壇に正面を向けて置くようにします。 ランキング

もう一つ、注意しなくてはいけない事があります。
それは、弔辞はあくまでも遺族から依頼されるものであるということです。


自分から申し出ることはマナーとしてあまり良いものではありません。
しかし、どうしても奉読したい場合は、葬儀の前日までに
遺族に申し出るようにしましょう。

Page Top ▲

弔電と葬儀のマナー

弔電や葬儀などのお悔やみに関する事柄にはマナーがあります。
弔電も文例や例文を参考にしながら正しい送り方や書き方が必要です。
現代は、インターネットのおかげで、分からないことは全て分かるようになりました。
弔電や葬儀に関するマナーも、検索すればいろいろな情報を教えてくれます。


しかし、弔電や葬儀は昔からのしきたりやマナーが根強く残っているものです。
特に、田舎のほうへ行けば行くほど、その特徴は濃いように思います。
本来ならば、葬儀は年齢順にとりおこなわれるものですし、
年齢順におこなわれるべきですよね。
昔から、弔電や葬儀のマナーは年配者を見て覚え、
またそれを次の世代につなげてきたのです。


しかしながら、都市部のほうでは、密葬や家族葬が増えているそうです。
家族だけで見送りたいというのもあるでしょうが、近隣とのつながりが
薄くなっている現代社会では、仕方のないことなのかもしれませんね。
また、現在は葬儀社の数も多くホールの設備も充実していますから、
「もしもの時はここで」と決めている方もいらっしゃることでしょう。
ホールで行う葬儀は、葬儀社が段取りを進めて下さいますから、
分からなくても無事に終わることが出来ます。


世話係も、簡単なお手伝いをするだけで済みますから、
弔電や葬儀に詳しい方は少なくなってきているのではないでしょうか?
葬儀の段取りに詳しくなくても、弔電や葬儀に関するマナーは
最低限のことは覚えておきましょう。 ランキング

先に述べたインターネットを活用しても良いでしょうし、
弔電や葬儀のマナー本を一冊常備しておくのも良いでしょう。
身内やご近所に年配者がいらっしゃれば、伺うのも良いですね。


きっと、親身になって教えて下さることでしょう。
年配者の言うことは、聞いておいても損は無いことが多いものですよ。

Page Top ▲