スポンサードリンク

トップページ >電報 弔電> 弔電の文章と文面

弔電の文章と文面

弔電の文面を考える時には、
最初に、緊急を要するかかどうか、
お悔やみをする相手先の状況(故人となった原因など)を把握した上で
文面を考える必要があるのです。


自分なりのオリジナルで弔電の文面を考える場合は、
相手の事情や、生活に立ち入った具体的な内容よりも、
ある程度かしこまった文面できちんと
不幸をいたむ趣旨を伝えるのが一般的である。


厳粛な場に整った形で届くお悔やみの弔電(電報)には、
特別なオリジナリティーな文章や文面ではなく、
伝統に乗っ取った由緒正しきものがマナーにもなり得ます。

多くの人の目に触れる事を考えても、
ビジネスなど公的な関係の場合なども考慮すれば、
やはり慎んで言葉を選び、
長く続いてきた表現を基調とした上で
構成されている定例文から選ぶ方が、
相手に対しても礼を失することもなく、安心である。


葬儀が終わってから、訃報を知った場合は、
電報や手紙でまずは弔意を伝え、
ご遺族の都合に合わせ、後日改めて弔問に出向くなど、
ご遺族への配慮を忘れないよう日程も考えなければなりません。


法要や慰霊祭などに送る場合も、
あらかじめ出欠を連絡して、
弔電や電報は当日の開始前に届くように送り事が礼儀である。


弔電の文面を考える時には、礼儀やマナーを考えるといいですね。

Page Top ▲