スポンサードリンク

トップページ >電報 弔電> 早割電報 弔電

早割電報 弔電

早割電報を使っての弔電の送り方についてです。


ところで皆さんは、早割電報って、知っていますか?
早割電報とは、電話からもインターネットからも申し込みが出来ますが、
届けて欲しい希望日の3日前に申込めば、割安料金で利用出来る電報です。
翌日に届ける急ぎ用の『通常電報』もありますが、こちらは3日前申し込みに比べたら
金額は少しだけ高めですが、それでも良心的な金額でしょう。
ご自身の都合に合わせて『早割電報』か『通常電報』が選べます。


弔電を送る場合は、やはり、通常電報にはなると思われますが、
早割電報の特徴や内容について調べてみましょう。

早割電報は事前に届けたい日がわかっている場合、
3日前までに申し込みをすると、830円(税込み)で
電報が申し込めます。
緊急を要する場合に、特に急いで翌日には届けたい!
と言う場合には998円(税込み)で送れます。
こちらは弔電などのパターンが多いでしょうね。


配送は郵便局が行うので安心ですし、
配達状況確認が出来るのもうれしいですよね。
また、不在であったり、住所が移転などされていた場合には
再配達料金が0円ですみます。


写真画像なども付けて送れますし、
コストに悩んだり、考えたりしている方には
非常に格安な電報であると思われます。
弔電などは緊急性が高いものですから、
この様な電報サービスを使ってみるのも良いかもしれませんね。

Page Top ▲