スポンサードリンク

電報と弔電の深い関係

弔電とは電報の1つであるが、電報とは大辞林によると「発信者の原文を電信で送り、先方で(最終的には紙などで)再現して受信者に配達する通信」とある。
こうした電信で送る文章は色々なものが存在する。
結婚式などで祝いの気持ちを述べる祝電、新聞社が特派員や海外の通信社から受けた特別のニュースである特電、外国の事情を伝える外国通信社からのニュースである外電、至急の連絡である急電など、これらは全て電報の一種である。
そして、祝電とは対照的になるが、葬儀などの場で人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報こそが、弔電である。
こうした電報の一般的な用途としては冠婚葬祭、つまり祝電と弔電である。そして電報とはこの2つであると言っても間違いではないであろう。


一般的にこうした電報は、電話が普及する以前に活用されたものである。
昔の映画や漫画などを見ても「母危篤、すぐ帰れ」などと言った故郷の人間が都会の人間に電報を送ったり、「サクラサク」などと言った合格発表など電報を送ったりするシーンを私も見た事がある。
こうした電報は郵便より早く届くメリットがあり、上記の私の記憶もそうであるが緊急の用事などに用いられた。
しかし、ファクシミリや携帯電話、更にはe-mailの普及などによってこうした緊急用と言った部分での活用の機会は減少、むしろ皆無と言っても良いかもしれない位に激減した。
よって冒頭でも触れたが、現在電報の活用は祝電と弔電の2つであると言っても過言では無いであろう。
今日ではインターネットや携帯電話、更にはコンビニエンスストアなどからでもこうした祝電ないし弔電を送る事が可能となっている。

携帯電話やe-mailが普及し、こうした電報を打つ機会は激減している事は事実かも知れないが、いくら携帯電話やe-mailが普及してもこうした電報というものの存在が無くなる事は無いであろうと私は考える。


国民的番組である「笑っていいとも」ではいつもゲスト出演者に電報が届くのは恐らく誰もが見た事があるとは思うが、こうした文化は「風習」と言う形で根強くこれからも残っていくであろう。
1年程前に私の祖父が急逝した際に会社からは弔電が届いたし、先日私の地元の友人が結婚した際に参加出来なかった私は祝電を送った。
その結婚式の会場が北海道であり、さすがに参加出来なかった為に送った電報であったが、当人は大変その電報に喜んでくれたらしく丁寧に御礼の電話が来た。
こうした古きよき風習はe-mailでは再現出来ない何かがあると、私は手前味噌であるが思っている。

【人気の話】

カルティエ アクセサリー
カルティエ 大阪
カルティエ ミニパンテール
カルティエ ハッピーバースデイ
カルティエ love

Page Top ▲

弔電 お礼 礼状

弔電のお礼や礼状について考えてみたいと思います。


弔電はお悔やみの電報であり、香典はお金であります。
弔電を受け取った場合には、お礼や礼状を考えて、
お返しにかえていますよね。
香典を戴いた場合は香典返しといって、品物でお返しするという
昔からの慣わしや風習、マナーがあります。


弔電を戴いた場合のお礼や礼状を考えた場合、
香典とは違うので、品物で返すのではなく、
お礼状、礼状・・・つまり、言葉としてお返しすると考えた方がいいでしょう。
また、弔電に対するお礼や礼状は一般的にもマナーとなっています。
では、弔電のお礼はどの様に礼状を書くといいのでしょうか。

弔電のお礼の礼状の文例や例文


「拝啓 
亡○○ ○○儀 葬儀に際しましては
ご多忙中のところわざわざご会葬を賜りご芳情のほど誠に有難く
厚くお礼申し上げます
早速拝趨の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます
敬具」


「弊社 
代表取締役社長 故◯○○○儀 葬儀に際しましては
ご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重なる御厚志を賜り有難く
厚くお礼申し上げます
早速拝趨の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます
敬具」


弔電のお礼や礼状には「、」や「。」は付けないのが
一般的なマナーですので、注意してくださいね。

Page Top ▲

ネット電報 VeryCard(ベリーカード)の特徴

ネット電報 VeryCard(ベリーカード)の特徴についての紹介です。


ネット電報 VeryCard(ベリーカード)の特徴としては、
文字数が300文字まで1,260円(税・送料込)均一で全国へお届けします。
メッセージは一切、料金がかかりません。
メッセージは文字数最大300文字(+差出人名90文字)
文字数が300文字あれば、十分な文章を作ることが可能なので、
実に良心的な料金プランであると思われます。


14時までに申し込んだら、全国即日でお届けが可能です。
(一部地域は除きます)


さらに、オリジナルの弔電や祝電の文例や例文などの
文例集が用意されているので、文章作りには困らないでしょう。

しかも、カードは26種類から好きなものを
自由に選べます。


気持ちは文字の雰囲気によっても変わるので、
VeryCardなら明朝体・ゴシック体・丸ゴシック体・毛筆楷書・ペン字の
5書体から気持ちに合わせた書体が選べるのは何ともにくい演出ですね。


このように、ネット電報 VeryCard(ベリーカード)の特徴には
様々な独自の特徴があるので、弔電の文例や例文を参考に
試してみるのもいかがでしょうか。

Page Top ▲

ネット電報 VeryCard(ベリーカード)で弔電 

ネット電報 VeryCard(ベリーカード)での弔電の送り方ですが、
ネット電報 VeryCard(ベリーカード)は祝電のみならず、
弔電のサービスも執り行っています。


今までは弔電などの慶弔を中心とした急ぎの伝達方法は
NTT電報や、郵便局のレタックスしかありませんでした。
しかし、NTT電報は割高で数々の特異な仕組みで、
心暖まるオリジナルのメッセージを、制限なく表現できる物ではありません。
そこで・・・・・


ネット電報 VeryCard(ベリーカード)の弔電は
「人」「心」「感謝」「礼」「祝」「お悔やみ」・・・をコンセプトとした
気持ちを素晴らしいカードに替えて、
格安で即日お届けする(※一部地域を除く)
NTT電報に代わる新たな電報サービスです。
また、VeryCardと一緒に、お花やカタログギフトなどを
贈るサービスも用意されていますし、
弔電の文例や例文も用意されているので参考になるでしょう。


弔電の文章に困ったときには、文例や例文は
欠かせないものになってきていますね。
 

Page Top ▲

早割電報 弔電

早割電報を使っての弔電の送り方についてです。


ところで皆さんは、早割電報って、知っていますか?
早割電報とは、電話からもインターネットからも申し込みが出来ますが、
届けて欲しい希望日の3日前に申込めば、割安料金で利用出来る電報です。
翌日に届ける急ぎ用の『通常電報』もありますが、こちらは3日前申し込みに比べたら
金額は少しだけ高めですが、それでも良心的な金額でしょう。
ご自身の都合に合わせて『早割電報』か『通常電報』が選べます。


弔電を送る場合は、やはり、通常電報にはなると思われますが、
早割電報の特徴や内容について調べてみましょう。

早割電報は事前に届けたい日がわかっている場合、
3日前までに申し込みをすると、830円(税込み)で
電報が申し込めます。
緊急を要する場合に、特に急いで翌日には届けたい!
と言う場合には998円(税込み)で送れます。
こちらは弔電などのパターンが多いでしょうね。


配送は郵便局が行うので安心ですし、
配達状況確認が出来るのもうれしいですよね。
また、不在であったり、住所が移転などされていた場合には
再配達料金が0円ですみます。


写真画像なども付けて送れますし、
コストに悩んだり、考えたりしている方には
非常に格安な電報であると思われます。
弔電などは緊急性が高いものですから、
この様な電報サービスを使ってみるのも良いかもしれませんね。

Page Top ▲