スポンサードリンク

トップページ >弔電 知識> 弔電と差出人

弔電と差出人

弔電を送る時に注意したいのが、実は差出人である。


弔電の差出人についてですが、
弔電を受け取る側にとって、
それがどんな繋がりや、どんな関係の誰から届いた電報かを
判別できるのはとても重要な事である。


弔電メッセージと一緒に
肩書や、個人、連名、団体、部署やグループ名、住所、
電話番号などを加えておくと、
相手もよりわかりやすく、相手に対して親切であります。

悲しみの場に送る電報ですので、
相手が迷ったりしない様に
はっきりとした内容、正確な読みやすい文字を記入しておけば、
受け取る側にも深く理解していただける事でしょう。


弔電の差出人を書くときは以外に勝手な書き方をしてしまいますが
相手に対して、理解されやすい様な心使いが必要である。
また、弔電を送ることにより、相手によっては弔電に対する
お礼状を出してくるところもあるので、自分の住所や名前は
相手が読み易いように心がけてあげるのもマナーであります。


弔電と差出人についてでした。

Page Top ▲