スポンサードリンク

トップページ >弔電 知識> お葬式と弔電の流れ

お葬式と弔電の流れ

お葬式と弔電の流れについてですが、
お葬式とは、一般的に、遺族や近親者が故人の魂を送るための
宗教的儀式である葬儀と、故人の友人、知人が最後の別れをする
告別式が一緒になったものをいいます。


弔電もこの流れの中に組み込まれながら
披露されたり、読まれたりしていますよね。


お葬式は、宗教や宗派、地域、故人の生死観などにより
スタイルが異なりますが、現在日本で行われているお葬式の多くは
仏式によるものです。


お葬式の流れや、弔電の読まれ方は、
一般的には次のように行われることが多いようです。

一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→
弔辞・弔電披露→遺族焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞


次に告別式に入ります。


僧侶入場→開式の辞→読経・会葬者焼香→僧侶退場→
遺族代表挨拶または出棺→閉式の辞


なお、お葬式は、社葬などの場合は、
葬儀と告別式を分けてやる場合が多いようです。
弔電の読み上げや披露は読径の後が多いようですね。

Page Top ▲