スポンサードリンク

トップページ >弔電 知識> 弔電と葬儀の種類

弔電と葬儀の種類

弔電と葬儀の種類についてですが、
葬儀の種類にはいろいろあります。


日本で葬儀というと、仏式がほとんどですが、宗教により、
神式葬儀、キリスト教式葬儀、また新興宗教にもそれぞれの形式があります。
「密葬」や「家族葬」といった葬儀もあります。
どちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。
弔電も蜜に関係しています。


「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀。
故人が有名人であったりして、多くの会葬者がいる場合には、まず、
親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。
そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。
奔走の流れの中に弔電は読み上げられます。

これに対して、「家族葬」は単独で行う葬儀で、
家族や親しい友人など少人数で行います。


また、葬儀の種類には、会社が主催して行う「社葬」、
葬儀をせず火葬のみの「直葬」、宗教者を招かずに、
宗教色を抜いた自由な形で行う「無宗教葬」、
従来の葬儀の形式にこだわらず自由な発想で行う「自由葬」、
生演奏やCDなどによって音楽を献奏するような、音楽を重視した「音楽葬」、
本人が生きているうちに行う「生前葬」などもあります。


葬儀はいずれの方法で行うにしろ、大事なことは
故人と関わりのあった人たちが、心を込めて葬儀を行うことでしょう。
弔電も文例や例文を参考にしながら、独自の言葉を
用いたいものですね。

Page Top ▲