スポンサードリンク

トップページ >弔電 知識> 弔電と香典の関係

弔電と香典の関係

弔電と香典は非常に近い関係にあると感じます。
もちろん、その内容はまるで違うのですが、
弔電も香典も、相手のお悔やみに関係するところは
相違点があるでしょう。


弔電は、知り合いのお悔やみに対して、お通夜や葬儀に
どうしても出席できない場合に対して、
社会的なマナーやモラルとして送る、
お悔やみの電報が弔電なのです。


出席する人は弔電を送ってはいけないの?と言われると
決してそういう事ではありませんし、決まりもありません。

一方、香典はそのお通夜や葬儀に際して、
出席する場合に持参するお金のことでありますが、
香典に関しても、出席しなければ香典は必要ないのか?
と言えば、決してそういう事ではありません。


香典を渡す必要のある方ならば、持参できなければ
後日、届けたり、距離が離れている場合には
郵送で送ることも香典にはあるのです。


この様に、弔電と香典はお悔やみに関する
人としてのマナーや人間関係を大切にする上では、
非常に重要、大切であり、私たちの生活には
必要不可欠なものであると感じます。

Page Top ▲