スポンサードリンク

弔電の電話番号は115

弔電の電話番号は115番である事を知っていますか?
弔電を送るのに電話をかけて申し込む場合の弔電申し込み電話番号は115番であり、これは全国共通です。

弔電にはNTTやKDDIなど電話を利用しての弔電を送ることが可能ですが、NTTは西日本も東日本も申し込み方法は同じです。
郵便局のレタックスも電話から申し込めますね。
弔電を電話で申し込むときには、相手方へ直接届ける形になりますので、宛先や住所などは喪主や葬儀場などの葬儀を行う場所、弔電を送り届ける相手方の氏名、住所、電話番号なども申し込み前にメモしておくと良いでしょう。

弔電の電話番号115での申し込み受付時間は午前8時から午後10時迄となっていますので、要確認が必要です。
後は電報会社のオペレーターの指示に従って、申し込むあなたの氏名や住所、電話番号などをガイダンスにしたがってお話していくだけでいいでしょう。
一番重要なのは送り方と送る相手の住所や氏名などの宛名、宛先、などが肝心ですから、間違わずにご連絡してくださいね。

弔電の文面や文章をどうしたらいいか迷う場合もありますが、115番に申し込む前に弔電の文例や例文を参考にされてもいいですし、その場でオペレーターが参考文をアドバイスしてくれる事もあるそうですが、私は事前に用意してお話します。
その方が時間もかからず、非常にスムーズに頼む事が可能です。

弔電の番号は115ですから、お間違いのないように・・・・・

Page Top ▲

お葬式と弔電の流れ

お葬式と弔電の流れについてですが、
お葬式とは、一般的に、遺族や近親者が故人の魂を送るための
宗教的儀式である葬儀と、故人の友人、知人が最後の別れをする
告別式が一緒になったものをいいます。


弔電もこの流れの中に組み込まれながら
披露されたり、読まれたりしていますよね。


お葬式は、宗教や宗派、地域、故人の生死観などにより
スタイルが異なりますが、現在日本で行われているお葬式の多くは
仏式によるものです。


お葬式の流れや、弔電の読まれ方は、
一般的には次のように行われることが多いようです。

一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→
弔辞・弔電披露→遺族焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞


次に告別式に入ります。


僧侶入場→開式の辞→読経・会葬者焼香→僧侶退場→
遺族代表挨拶または出棺→閉式の辞


なお、お葬式は、社葬などの場合は、
葬儀と告別式を分けてやる場合が多いようです。
弔電の読み上げや披露は読径の後が多いようですね。

Page Top ▲

弔電と葬儀の種類

弔電と葬儀の種類についてですが、
葬儀の種類にはいろいろあります。


日本で葬儀というと、仏式がほとんどですが、宗教により、
神式葬儀、キリスト教式葬儀、また新興宗教にもそれぞれの形式があります。
「密葬」や「家族葬」といった葬儀もあります。
どちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。
弔電も蜜に関係しています。


「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀。
故人が有名人であったりして、多くの会葬者がいる場合には、まず、
親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。
そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。
奔走の流れの中に弔電は読み上げられます。

これに対して、「家族葬」は単独で行う葬儀で、
家族や親しい友人など少人数で行います。


また、葬儀の種類には、会社が主催して行う「社葬」、
葬儀をせず火葬のみの「直葬」、宗教者を招かずに、
宗教色を抜いた自由な形で行う「無宗教葬」、
従来の葬儀の形式にこだわらず自由な発想で行う「自由葬」、
生演奏やCDなどによって音楽を献奏するような、音楽を重視した「音楽葬」、
本人が生きているうちに行う「生前葬」などもあります。


葬儀はいずれの方法で行うにしろ、大事なことは
故人と関わりのあった人たちが、心を込めて葬儀を行うことでしょう。
弔電も文例や例文を参考にしながら、独自の言葉を
用いたいものですね。

Page Top ▲

弔電と香典の関係

弔電と香典は非常に近い関係にあると感じます。
もちろん、その内容はまるで違うのですが、
弔電も香典も、相手のお悔やみに関係するところは
相違点があるでしょう。


弔電は、知り合いのお悔やみに対して、お通夜や葬儀に
どうしても出席できない場合に対して、
社会的なマナーやモラルとして送る、
お悔やみの電報が弔電なのです。


出席する人は弔電を送ってはいけないの?と言われると
決してそういう事ではありませんし、決まりもありません。

一方、香典はそのお通夜や葬儀に際して、
出席する場合に持参するお金のことでありますが、
香典に関しても、出席しなければ香典は必要ないのか?
と言えば、決してそういう事ではありません。


香典を渡す必要のある方ならば、持参できなければ
後日、届けたり、距離が離れている場合には
郵送で送ることも香典にはあるのです。


この様に、弔電と香典はお悔やみに関する
人としてのマナーや人間関係を大切にする上では、
非常に重要、大切であり、私たちの生活には
必要不可欠なものであると感じます。

Page Top ▲

キリスト教の葬儀

キリスト教の葬儀についてですが、
キリスト教に、死は不潔であると考えられないそうです。


神だけ(神)が基礎に呼び出されることは祝福します。
祝福されると言う意味であることから、悲しみではないのでしょうか?


キリスト教の場合には、全体の葬儀が死者、
どちらかおよびれに関してはそれを思い出していません。

特徴である、得る式と呼ばれるその調子、
神(神)に可能にする、深い。
しかしながら、日本の宗教視界によって、
彼はこのあまりものを理解することができません。


したがって、日本では、
死者が比較的記憶される形式中の葬式は行なわれます。
もとは、供花の式は存在しませんでした。


しかしながら、フランスのタイプが芳香と呼ぶ式と
神道の儀式が神に神聖な木の若枝を提示することを呼ぶので、
日本で、生じた、供花の日本に特有の式もキリスト教によって生まれました。


葬儀は後に死に関してはキリスト教へのすべての不潔ではありませんか、
「悲嘆の期間の終了」は基本的に存在しません。
キリスト教の葬儀についてでした。

Page Top ▲