スポンサードリンク

トップページ >お悔やみ> お悔やみの言葉と弔電

お悔やみの言葉と弔電

お悔やみの言葉を弔電に示す時の基本的な表現はどうすればいいか悩むものです。
そこで、お悔やみ弔電の文例や例を挙げてみたいと思います。
参考にしてみて下さい。


まず、お悔やみの言葉の基本的な表現としては、


「この度は、まことにご愁傷様でございます。謹んでお悔やみ申し上げます」
「この度はご愁傷様(ごしゅうしょうさま)でございます。心よりお悔やみ申し上げます」


この文例がお悔やみにおける基本的な弔電の文例になるでしょう。
次に、悲報の原因がわかっている時のお悔やみの言葉を考えてみましょう。
例として、事故や事件関連での悲報のときのお悔やみ言葉としては、


「この度は、誠にご愁傷様です。予期せぬ出来事にお慰めの言葉もございません。こころより、ご冥福をお祈り申し上げます」
「この度はご愁傷様でございます。突然の出来事に驚き、悲しみにたえません。心より、お悔やみ申し上げます」


また、病気などで他界された場合のお悔やみ言葉としては、


「この度はご愁傷様でございます。大変お辛いでしょうが、お力を落とされぬ様に、どうかご自愛くださいませ。」


この様に、弔電に対する、お悔やみ言葉の基本的な文例を挙げてみました。
予期せぬ出来事で他界する場合や、原因が明確な場合など、文章にも違いがあるので、その時々での書き方も心得てみるのも良いかもしれませんね。
ちなみに私は・・・ほとんどが文例や例文を使用しています。
少しだけ自分の言葉を混ぜますが、悲報に対してそこまで感情が回らないのも事実ですよね。


ティファニー
アナスイ
ポールスミス
ドルチェ&ガッバーナ
レスポートサック

Page Top ▲