スポンサードリンク

トップページ >弔電 文例 例文> 弔電の文例を探る

弔電の文例を探る

弔電の文例は「亡くなられた方の身分」「亡くなられた原因」などによって何を選ぶべきか変わってくるので、まずはこの2点を把握しておかなければならない。


前者である「亡くなられた方の身分」に関しては、
「父」「母」「息子」「娘」「孫」でも違うし、更には「友人」「先生」「企業担当者」でも違うものと考えなければならない。
そして、誰が亡くなったかを知って弔電を打つが、それぞれ敬称で呼ぶのが基本である。
例えば父親が亡くなった際には「ご尊父」「お父上」、息子の場合は「ご子息」「ご令息」など、亡くなられた方に敬意を称するべきである。
後者である「亡くなられた原因」に関しては「闘病生活を経て亡くなられた場合」「突然亡くなられた場合」「不慮の事故や災害で亡くなられた場合」などで弔電の内容も変わってくる。
こうした「誰が」「どのように」と言った部分を判断した後、弔電を作成するのが一般的な流れである。


上記の2点が把握できた次に弔電の文面を考えるわけであるが、ここでは当たり前であるが大前提として遺族の状況を察知しなければならない。
当然であるが弔電を打つ側と受け取る側での悲しみの尺度は比較にはならないので、そうした心中を察した上でふさわしい文面を考えなければならないが、こうした文面を考えるのは非常に難しいものである。
言葉の選び方一つで忌まわしい記憶を思い起こさせたり、必要以上に遺族の方を悩ませたりする事も考えられる。
更には考えれば考える程、何を書いて良いのかもわからなくなり、時間も労力も掛けてしまう。


故にNTTはおくやみ電報文例というものを用意している。
これは番号入力をするだけで用意されている身分別、状況別の文例であり、あらかじめ用意されたもので弔電を打つというものである。
それはあくまで文例であり、機械的な文章であることは事実であるが、こうした死というものに向き合った時に選ぶ言葉は非常に重いし、更には伝えたい事は限られているのでこうした方法が今は主流であるとも言える。


整理すると、弔電というものは遺族の心境を察する事が大前提であり、そこから文面を考えていくものであるが、その内容も「亡くなられた方の身分」「亡くなられた原因」によって変わってくるのでまずそこを整理しておく。
そして文面も下手にオリジナリティを持って奇をてらう必要も無く、当たり障りの無い内容を書くのがベターであり、その為にNTTなどで用意されている文例を用いて、送るのが基本である。


ヴィヴィアン
クロエ
バレンシアガ
ミュウミュウ
フルラ

Page Top ▲