スポンサードリンク

トップページ >弔電 文例 例文> 弔電の例文を有効に使おう

弔電の例文を有効に使おう

弔電には亡くなられた方の敬称別に多くの例文が存在する。
インターネットなどでも弔電の例文一覧などを見ても判断出来るが、敬称別でありさらには死因別などと多岐にわたる例文が存在しており、こうした例文をそのまま利用するのが主流である。


こう言うと言葉は悪くなるかもしれないが、やはり弔電というものはどんな内容を打つかではなく、何故打つかと言った部分にフォーカスを当てられる「誠意」であると私は考えている。
もちろんどんな内容を打つかと言う事も重要ではあるが、急な訃報を聞き時間も無い時もあるし、また「重ね重ね」「またまた」「続いて」などと言った不幸が連続するという意味合いに感じられる忌み言葉と言われるものもあり、この忌み言葉の把握などはほとんどの人間が知らないのが現状である。
故に、杓子定規の言い方かも知れないが例文に沿った形で弔電を打つ事が良いと私は考える。


上記でも触れたが例文は色々と存在する。
弔電というものは文字が増えるごとに料金も比例してくるので、そうした料金も念頭に置いて言葉を選ぶ必要がある。
インターネットで確認出来る例文のほとんどは文字数が記載されているので、そうした料金形態も計算して行う事が出来る。
この文字数に関しては親しい人が亡くなったから多くの文字を打つというべきと思われがちではあるが、そうしたルールは特に無い。
亡くなられた方に対して送りたい言葉を選べば良いのである。


具体的に例を挙げるとすれば、
「○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます」でも
「○○様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます」では2文字の差があるが、
本質的な意味はそこまで変わらない。
両方とも亡くなられた方に対しての悲しさが表現されていて、「誠意」が伺える。


話が逸れるが、ここ最近国語力の低下のニュースが相次いでいるが、これは覚える量が多すぎる事に問題があるとも私は考えている。
日本では形式が存在し、尊敬語や謙譲語の使い方が非常に難しいと言われている。
アメリカでは「you」で済む言葉が日本では「あなた」「君」「お前」「あなたたち」「君達」などと倍以上の意味がある以上、やはり覚えきれない量が出てしまうのはしょうがないと私は思う。
故に、こうした弔電において自分でしっかりと一から文章を作ることが一番良いのかも知れないが、弔電の例文を参考にしても何も問題は無いであろう。
たとえ心がこもった文章であっても忌み言葉を使ってしまうのであれば意味が無いし、本当に伝えたいものは亡くなられた方への誠意であるのだから。

ギャップ
JENNI
ミネトンカ
ブーフーウー
アルマーニ
ラルフローレン
コムサ

Page Top ▲