スポンサードリンク

弔電と電報

弔電の電報には、NTT電報や郵便局のレタックスなどがありますが
今ではどの様な役割を担っているのでしょうか。


弔電の電報は、お悔やみに使用されることが多く、お通夜や
お葬式、葬儀、法事や法要など、ご霊前に対しての
様々な場面で弔電の電報は使用されていますよね。


弔電も昔から「お悔やみ」を意味しており
家族や親戚、友人や友達、仲間、さらには
会社の同僚や上司、部下など、緊急的に弔電の電報は使用されます。


では、現在では弔電の電報の存在と言うものは
どの様な意味を持ち、どの様な時に送るのか考えてみたいと思います。

弔電の電報は近年では、ご霊前に対するお悔やみの電報、
と言う意味は持ち続けているのですが、
ある種の「マナー」になっていますよね。


弔電を贈ると言う事は、一種のアイテム化を感じるのは
色々な弔電の電報の会社が出来てきたことで、差別化をはかり、
様々な弔電のレパートリーやスタイル、種類が増ええてきた事により、
お悔やみのための弔電の電報ではあるのですが、どこか、
お悔やみのアイテムとしてマナーを重んじた電報が弔電になっていますよね。


本来、弔電の電報が持っている意味とは、また違ったニュアンスを抱くのは、
インターネットやパソコンの普及や、携帯電話の普及によって、
サービスの質や特徴が手軽に使えることや簡単にネットで申し込めることにより
多種多様な独自サービスが増えた事への表れだとも感じます。


弔電の電報はこれからも使い易さと手軽さはもちろんあって欲しいですが
伝統や歴史も引き継いでいってほしい、必要不可欠なものであります。

Page Top ▲