スポンサードリンク

トップページ >弔電 文例 例文> 法事・法要の電報文例(例文)

法事・法要の電報文例(例文)

法事や法要に送る時の電報文例(例文)です。
下記を参考にしてみて下さい。


法事・法要の電報文例(例文)


1.故人の一周忌と伺い、悲しみを新たにしております。お身内の方の悲しさ、寂しさはいかばかりかとお察し申しあげます。 ご法事に出席できませんが、当日は心ばかりの香花をたむけ、故人を偲びたいと思っております。(99文字)


2.三回忌のご法要にあたり、故人の面影を偲びつつ、あらためてご冥福をお祈りいたします。(41文字)


3.故人の三回忌にあたり、遠方から合掌させていただきます。 ご生前のご厚情、今も胸の内に脈々と生き続けております。 謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。(73文字)

4.早いもので、●●様の七回忌がめぐって参りました。ご立派な方だったと今もなお思い出されます。ご冥福と皆様のご健康をお祈りいたします。(65文字)


5.ご法要のご通知いただきました。あいにく、所用にて参列できず、誠に申し訳ありません。ご冥福を心よりお祈りいたします。(57文字)


6.●回忌にあたり、故人の数々のご遺徳を偲び、衷心より哀悼の意を表します。(35文字)


7.●回忌のご法要に際し、あらためて悲しみがつのります。ご生前の面影を偲び、遥かにご冥福をお祈りいたします。(52文字)


8.一周忌のご法要にあたり心より故人のご冥福をお祈りいたします。(30文字)


9.●●様の初盆を迎えられて、悲しみを新たにされていることと思います。心よりお悔やみを申しあげますとともに、お子様のためにも元気を出されますよう願っております。(78文字)


法事や法要では、故人の色々な思い出などを少しだけ加えて
電報を打つのも良いかもしれませんね。

Page Top ▲