スポンサードリンク

トップページ >弔電 文例 例文> 事故や病気のお見舞いの電報文例(例文)

事故や病気のお見舞いの電報文例(例文)

事故や病気のお見舞いの電報文例(例文)を紹介します。


事故や病気のお見舞いの電報文例(例文)


1.「交通事故」と聞いて、一瞬目の前が真っ暗。幸い軽傷で済まされた由、ほっとしました。仕事のことはご心配なく、十分養生なさってください。お留守の間、一同力を合わせて頑張ります。(86文字)


2.おばあちゃん、腰を悪くして入院したって、お母さんから聞きました。大丈夫ですか。みんなで心配しています。わたしも寝るときにおばあちゃんが一日も早くよくなるように、お祈りしています。(89文字)


3.おばあちゃん、けがのぐあいはどうですか。たいいんしたら、わたしが、おばあちゃんといっしょにあるいてあげるから、しんぱいしないで。はやくよくなってください。(77文字)

4.おじいちゃん、おみまいにいけなくてごめんなさい。ふゆやすみになったら、おとうさんといっしょにいくからまっててね。たくさんおみやげもっていくから、たのしみにしててね。(82文字)


5.おばあちゃんが、こうつうじこにあったときいて、びっくりしました。だっていつもボクに「くるまにきをつけなさい」っていってたから。はやくよくなってね。(73文字)


6.おじいちゃん、手術がうまくいってよかったですね。遠くてお見舞いにいけないけれど、一日も早くよくなるように、お祈りしています。おばあちゃんも看病がたいへんだけど、体に気をつけて頑張ってください。(96文字)


7.おじいちゃん、おからだのぐあいはどうですか。なつやすみになったらあそびにいきますから、それまでにげんきになってください。やくそくだよ。(67文字)


8.ご病気お見舞い申しあげます。ご病状はいかがでしょうか。一日も早いご回復を、心からお祈りしております。(50文字)


9.ご病気その後いかがでしょうか。心からお見舞い申しあげます。 病は気からと申します。早く良くなって、元気なお姿をお見せください。(62文字)


10.お体の具合は、いかがですか。ご全快を祈念し心よりお見舞い申しあげます。一日も早く、お元気なお顔を拝見したいと願っております。(62文字)


11.ご容態はいかがでしょうか。遠方のためお見舞いに伺えず申し訳ありません。一日も早いご回復、ご退院をお祈りいたします。(57文字)


12.ご病気の具合はいかがですか。遠く離れているため、ただ心配するばかりです。どうか十分ご加養のうえ、一日も早いご回復を祈っております。(65文字)


13.ご入院されたと聞き、案じております。徹底した検査を受けられ、十分なご養生をなさいますように。しばらくご静養なされば、前にも増してお元気になられることでしょう。(79文字)


14.突然の事故のお知らせ、ショックです。おけがの具合は、いかがでしょうか。一日も早くご回復なさいますよう、心よりお祈りいたします。(63文字)


15.交通事故のお知らせに、とても驚いています。おけがは、いかがですか。早く元気になって、お目にかかれることを祈っています。(59文字)


事故や病気のお見舞いの電報文例(例文)でした。
是非、ご参考下さい。

Page Top ▲