スポンサードリンク

トップページ >弔電 文例 例文> 火災のお見舞いの電報文例(例文)

火災のお見舞いの電報文例(例文)

火災のお見舞いに使える電報文例(例文)を
下記に書いてみました。


火災のお見舞いの電報文例(例文)


1.台風通過の後始末は大変でしょう。お見舞い申しあげます。 
さぞお疲れと思います。少しでもお役に立てばと、
心ばかりの品をお送りさせていただきました。どうか頑張ってください。(83文字)


2.出火お見舞い申しあげます。皆様無事とのお知らせ、一同、ホッとしました。
お力落としのことでしょうが、早く元気を出してください。(62文字)


3.貴社類焼の由、お見舞い申しあげます。一日も早いご再興を祈っております。(35文字)

4.火災の報を聞き、驚いています。私たちにできることなら何なりとおっしゃってください。(41文字)


5.お家を焼失され、どんなにかお気落ちのことと思います。
遠くで何もお役に立てませんが心よりお見舞い申しあげます。(54文字)


6.近火お見舞い申しあげます。ご家族の皆様、おさわりなしと伺い、
不幸中の幸いと胸をなでおろしております。(50文字)


7.この度の災害に対し、心よりお見舞い申しあげますとともに、
一日も早い復興をお祈りいたします。(45文字)


8.ニュースで知り驚いています。私どもにお手伝いできることがございましたら、
何なりとお申し付けください。
心よりお見舞い申しあげますとともに、一日も早いご再建をお祈りいたします。(86文字)


9.御地水害の模様、皆様の安否が気づかわれてなりません。
甚大な被害のなきよう心からお祈りいたします。(48文字)


10.水害に気を落とさず頑張れ。何かお役に立ちたい。連絡乞う。(28文字)


11.水害の報に接し、大変心配しております。ご家族の皆様のご安否はいかがですか。
何か、お力になれることがございましたら、お申し付けください。
心よりお見舞い申しあげます。(81文字)


12.台風、お見舞い申しあげます。全力をあげて復旧に努められていると思います。
一日も早い再建を願っております。(52文字)


火災のお見舞いの電報文例(例文)でした。

Page Top ▲