スポンサードリンク

トップページ >弔電 文例 例文> 弔電の文例を参考にしよう

弔電の文例を参考にしよう

弔電の文章を書くときって、以外に悩むものです。


ですが、今はどこの電報会社も
弔電の文例(例文)を多数用意しているので
それを見ながら参考にして文章が組めるでしょう。
お悔やみの場へ送る電報ですから、ある程度は定型文になりますが
それでも、一言くらいは、あなたらしい言葉が必要です。


それでは下記から弔電の文例を参考にして
弔電の文章を作る参考にしてみて下さい。

弔電の文例(例文)


1.ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。(54文字)


2.ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。(50文字)


3.いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。(63文字)


4.●●●様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(26文字)


5. ●●●様のご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。(25文字)


6.●●●様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(46文字)


7.●●●様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。遥かにご冥福をお祈りいたします。(63文字)


8.●●●様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。(44文字)


9.●●●様の突然のご逝去の報に接し、お慰めするすべもございません。衷心より哀悼の意を表します。(46文字)


10.ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。(23文字)


12.ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。(22文字)


13.悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈りいたします。(32文字)


14.在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。(27文字)


15.ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。(27文字)


16.ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。(42文字)


17.ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。(42文字)


弔電の文例(例文)にも様々ありますが、文例(例文)を載せてみました。
是非、ご参考下さい。

Page Top ▲