スポンサードリンク

弔電の文例を探る

弔電の文例は「亡くなられた方の身分」「亡くなられた原因」などによって何を選ぶべきか変わってくるので、まずはこの2点を把握しておかなければならない。


前者である「亡くなられた方の身分」に関しては、
「父」「母」「息子」「娘」「孫」でも違うし、更には「友人」「先生」「企業担当者」でも違うものと考えなければならない。
そして、誰が亡くなったかを知って弔電を打つが、それぞれ敬称で呼ぶのが基本である。
例えば父親が亡くなった際には「ご尊父」「お父上」、息子の場合は「ご子息」「ご令息」など、亡くなられた方に敬意を称するべきである。
後者である「亡くなられた原因」に関しては「闘病生活を経て亡くなられた場合」「突然亡くなられた場合」「不慮の事故や災害で亡くなられた場合」などで弔電の内容も変わってくる。
こうした「誰が」「どのように」と言った部分を判断した後、弔電を作成するのが一般的な流れである。


上記の2点が把握できた次に弔電の文面を考えるわけであるが、ここでは当たり前であるが大前提として遺族の状況を察知しなければならない。
当然であるが弔電を打つ側と受け取る側での悲しみの尺度は比較にはならないので、そうした心中を察した上でふさわしい文面を考えなければならないが、こうした文面を考えるのは非常に難しいものである。
言葉の選び方一つで忌まわしい記憶を思い起こさせたり、必要以上に遺族の方を悩ませたりする事も考えられる。
更には考えれば考える程、何を書いて良いのかもわからなくなり、時間も労力も掛けてしまう。


故にNTTはおくやみ電報文例というものを用意している。
これは番号入力をするだけで用意されている身分別、状況別の文例であり、あらかじめ用意されたもので弔電を打つというものである。
それはあくまで文例であり、機械的な文章であることは事実であるが、こうした死というものに向き合った時に選ぶ言葉は非常に重いし、更には伝えたい事は限られているのでこうした方法が今は主流であるとも言える。


整理すると、弔電というものは遺族の心境を察する事が大前提であり、そこから文面を考えていくものであるが、その内容も「亡くなられた方の身分」「亡くなられた原因」によって変わってくるのでまずそこを整理しておく。
そして文面も下手にオリジナリティを持って奇をてらう必要も無く、当たり障りの無い内容を書くのがベターであり、その為にNTTなどで用意されている文例を用いて、送るのが基本である。


ヴィヴィアン
クロエ
バレンシアガ
ミュウミュウ
フルラ

Page Top ▲

弔電の例文を有効に使おう

弔電には亡くなられた方の敬称別に多くの例文が存在する。
インターネットなどでも弔電の例文一覧などを見ても判断出来るが、敬称別でありさらには死因別などと多岐にわたる例文が存在しており、こうした例文をそのまま利用するのが主流である。


こう言うと言葉は悪くなるかもしれないが、やはり弔電というものはどんな内容を打つかではなく、何故打つかと言った部分にフォーカスを当てられる「誠意」であると私は考えている。
もちろんどんな内容を打つかと言う事も重要ではあるが、急な訃報を聞き時間も無い時もあるし、また「重ね重ね」「またまた」「続いて」などと言った不幸が連続するという意味合いに感じられる忌み言葉と言われるものもあり、この忌み言葉の把握などはほとんどの人間が知らないのが現状である。
故に、杓子定規の言い方かも知れないが例文に沿った形で弔電を打つ事が良いと私は考える。


上記でも触れたが例文は色々と存在する。
弔電というものは文字が増えるごとに料金も比例してくるので、そうした料金も念頭に置いて言葉を選ぶ必要がある。
インターネットで確認出来る例文のほとんどは文字数が記載されているので、そうした料金形態も計算して行う事が出来る。
この文字数に関しては親しい人が亡くなったから多くの文字を打つというべきと思われがちではあるが、そうしたルールは特に無い。
亡くなられた方に対して送りたい言葉を選べば良いのである。


具体的に例を挙げるとすれば、
「○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます」でも
「○○様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます」では2文字の差があるが、
本質的な意味はそこまで変わらない。
両方とも亡くなられた方に対しての悲しさが表現されていて、「誠意」が伺える。


話が逸れるが、ここ最近国語力の低下のニュースが相次いでいるが、これは覚える量が多すぎる事に問題があるとも私は考えている。
日本では形式が存在し、尊敬語や謙譲語の使い方が非常に難しいと言われている。
アメリカでは「you」で済む言葉が日本では「あなた」「君」「お前」「あなたたち」「君達」などと倍以上の意味がある以上、やはり覚えきれない量が出てしまうのはしょうがないと私は思う。
故に、こうした弔電において自分でしっかりと一から文章を作ることが一番良いのかも知れないが、弔電の例文を参考にしても何も問題は無いであろう。
たとえ心がこもった文章であっても忌み言葉を使ってしまうのであれば意味が無いし、本当に伝えたいものは亡くなられた方への誠意であるのだから。

ギャップ
JENNI
ミネトンカ
ブーフーウー
アルマーニ
ラルフローレン
コムサ

Page Top ▲

弔電 例文 文例

弔電の例文や文例を紹介します。


弔電の文例や例文には一般的なものから、
宗教的なものがあったり、会社的なものがあったりするものです。
もちろん、個人的な付き合いや、親戚や両親などのつながりもあれば、
その状況は多種多様になると思われます。


様々な場面で使用される弔電ですから、文章マナーなど気をつけながら
弔電の文例や例文を参考にしながら、ただしく文を作りましょう。
また、お悔やみの場ですから、マナーを守り、
正しい知識を身につけておくことも必要ですね。

Very Card より引用 http://www.verycard.net/


○ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。


○ご尊父様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。


○ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。


○ご尊父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。
ご母堂様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。心から哀悼の意を表します。


○ご主人様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。


○ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。


○社長様のご逝去を悼み、社員ご一同様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、
謹んでご冥福をお祈りいたします。


○社長様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。


Very Card より引用 http://www.verycard.net/


この様に、弔電の文例や例文を参考に、
あなたの独自の言葉も交えながら、ご霊前に対する
弔電の文章を考えてみて下さい。

Page Top ▲

弔電 お悔やみ 文例

弔電やお悔やみの文例を紹介します。


VeryCard(ベリーカード)より引用 http://www.verycard.net/


○ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。


○一般 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、
故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。


○一般 ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。


○一般 ○○様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。


○一般 ○○様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。


○一般 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながら
この度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。


○一般 ○○様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。
ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。故人のご冥福をお祈りいたします。


○一般 ○○さんのご遺族の報に接し、驚きを禁じ得ません。
お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。心から哀悼の意を表します。


○一般 突然の悲報に接し、驚いております。
残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、
すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、
遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。

○ご逝去の知らせを受け、弊社全員ただ、ただ驚いております。
先日まであんなにお元気でいらしたので、驚きを禁じ得ません。
ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。


○海の見える小高い丘の上にある写真館。
1枚1枚違う表情の家族の写真がありました。
楽しそうな家族に喧嘩している家族、笑顔の家族に、違う方向を見ている家族。
でもこれはどれもあの人が作った理想の家族だったのです。
故人のご冥福を心よりお祈りいたします。


○一緒に山を登り、祝杯を挙げて、感動を共にした仲間、○○さん。
素晴らしい人生をあなたと分かち合えた喜びは
何物にも替えがたく感謝しております。
ご家族の皆様には大切な人を亡くした悲しさの現実を
今は受ける余裕は無いとお察し申し上げますが、
一刻も早くお立ち直られる事が故人の願いでもあると思われます。
ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。


VeryCard(ベリーカード)より引用 http://www.verycard.net/


弔電の文例や例文を参考に文章を作ってみて下さいね。

Page Top ▲

弔電と電報

弔電の電報には、NTT電報や郵便局のレタックスなどがありますが
今ではどの様な役割を担っているのでしょうか。


弔電の電報は、お悔やみに使用されることが多く、お通夜や
お葬式、葬儀、法事や法要など、ご霊前に対しての
様々な場面で弔電の電報は使用されていますよね。


弔電も昔から「お悔やみ」を意味しており
家族や親戚、友人や友達、仲間、さらには
会社の同僚や上司、部下など、緊急的に弔電の電報は使用されます。


では、現在では弔電の電報の存在と言うものは
どの様な意味を持ち、どの様な時に送るのか考えてみたいと思います。

弔電の電報は近年では、ご霊前に対するお悔やみの電報、
と言う意味は持ち続けているのですが、
ある種の「マナー」になっていますよね。


弔電を贈ると言う事は、一種のアイテム化を感じるのは
色々な弔電の電報の会社が出来てきたことで、差別化をはかり、
様々な弔電のレパートリーやスタイル、種類が増ええてきた事により、
お悔やみのための弔電の電報ではあるのですが、どこか、
お悔やみのアイテムとしてマナーを重んじた電報が弔電になっていますよね。


本来、弔電の電報が持っている意味とは、また違ったニュアンスを抱くのは、
インターネットやパソコンの普及や、携帯電話の普及によって、
サービスの質や特徴が手軽に使えることや簡単にネットで申し込めることにより
多種多様な独自サービスが増えた事への表れだとも感じます。


弔電の電報はこれからも使い易さと手軽さはもちろんあって欲しいですが
伝統や歴史も引き継いでいってほしい、必要不可欠なものであります。

Page Top ▲