スポンサードリンク

トップページ >弔電 宛先 宛名> 弔電の宛名の書き方とは

弔電の宛名の書き方とは

弔電の宛名(または宛先)は例え面識が無かろうが喪主のフルネームが判っているのであれば喪主宛に送るのが基本である。
しかし、喪主とは直接の面識が無く、弔電を打つ人の面識のある人が喪主の妹であったり、喪主の息子であったり他の遺族の方と知り合いの場合はその知り合いに直接送るのも構わない。


また、喪主の名前も判らなくて、知り合いもいないけど弔電を打ちたいと言うケースも考えられる。
そうした場合は葬儀場に連絡を取れば大抵の場合は教えてくれるが、昨今の個人情報保護法の背景もあり、教えてくれない葬儀場も存在する。
出来ることならばフルネームが望ましいが、そうしたどうしても名前が判らない事情の際には、素直に無くなられた方のフルネームを記載して「○○様 ご遺族様」「○○様 ご遺族一同様」などと言う書き方で問題ない。


弔電の本来の意味は亡くなられた方に対する気持ちを伝えるものであるので、宛名はそこまで重要では無い。
ただ、やはり最低限のマナーは守らなければならないので、その他の留意点を記載する。


まずは宛名の書き方になるが、基本的には手書きをするのが一般的である。
ただし急ぎであるなど、止むを得ない事情の際にはパソコンを利用して印刷して宛名書きする事もダメでは無いが、そうした場合も行書体や楷書体などといった雰囲気に合うような文字を選ばなければならない。

そして、弔電を打つ際に記載する自分の名前はフルネームで記載するのは当然であるが、その他に亡くなられた方との関係性が判るように出すのが丁寧な弔電の打ち方である。


喪主と面識が無い場合は特に、そうした気配りが必要となる。
更には住所や電話番号といったものを添えるのも忘れてはならない。
後日、遺族の方がお礼をしてくれる際に必要であるからである。
また、記載の際は略字でなく正しい名前を使うようにする。
また、縦書き・横書きといった決まりごとは無いが、宛名と差出人の向きは必ず合わせなければならない。
縦書きの場合は封筒を閉じる部分が左側に来るように宛名を書くことも覚えておかなければならない。


以上が、弔電の宛名の書き方である。
最も良い方法としては「宛名は喪主のフルネームを記載して打つこと」、そして「手書きで丁寧に書くこと」の2点であり、そこまで難しい話では無い。
冒頭でも触れたが弔電を出す行為は、直接遺族の方にお会いして一言声を掛けられない代わりに、亡くなられた方に対する追悼の意を込めた文章を送るという事であるので、やはり直接出向くより扱いは低くなる。
その為に最低限のマナーは守らなければならないのだ。

【口コミ ランキング】

カルティエ 長財布
カルティエ ミニラブリング
カルティエ 名刺入れ
カルティエ パシャc
カルティエ ブレス

Page Top ▲