スポンサードリンク

弔電 宛名

弔電の宛名はどの様な書き方をするといいのでしょうか?


弔電の宛名は一般的には「喪主」にするのが基本でありマナーであります。
お亡くなりになった方へ送るという考え方もわかるのですが、
亡くなった人に弔電を送っても受け取ることも読むことも出来ませんから
弔電の宛名の基本は「喪主」になるのです。


しかし、喪主の名前がわからなかったり、
斎場などで葬儀を執り行う場合などは、どうしたらよいのか
さらに詳しく弔電の宛名について考えてみましょう。

弔電の宛先を「喪主」以外に考えるとしたならば、
斎場で葬儀を執り行う場合、直接、会場となる斎場に
弔電を送ることも問題ありません。
ただし、その場合は、やはり斎場の住所や名前、開始時間、喪主名、
または施主名を確認して宛名を記載することが大切です。


ここで、喪主の名前がわからない場合ですが、そのときは
「故○○ご遺族様」として弔電を送るのは問題ありませんので
覚えておくとよろしいでしょう。
「奥様宛」とか「ご主人宛」などといった書き方や宛名は控えるべきでしょう。


これが会社の社葬や団体葬などの場合であれば、
ご遺族とは親交がなく、名前だけでは誰かわからないかもしれませんから、
会社名と肩書き、その他であれば故人との関係がわかるようなこと
(例:○○高校 同窓生・・等。)を名前と共に添えた弔電の宛名の書き方が
望ましいと思われます。
弔電の宛名の書き方についてでした。

Page Top ▲