スポンサードリンク

弔電を送る際の電話番号

最も昔から存在する弔電を打つ行為は「115」との電話番号を入力してオペレーターに情報を伝える方法である。
最近では、NTT西日本が提供するD-MAILなどと言ったインターネットを使用する祝電・弔電の送信が普及し、ほとんどのケースでこのD-MAILが使用されている現状があるが、やはり最もスタンダードな形で電話番号からという方法も根強く残っている。


まずは「115」と電話番号を打つ事であるが、電話を掛ける前に用意しておかなければならないものが「文章の内容」「喪主の名前」「送り先の住所」などといった基本情報である。
これをメモか何かで手元に用意してから電話を掛けるのが理想である。
なお、時間も気にしなければならない。
昔h24時間受付を行っていたが、現在の受付時間は8時から22時の間で、19時以降の申し込みは翌日の配達となってしまうので、弔電を送りたい日を逆算し、電話をするように気をつけなければならない。
また、事前に葬儀の日程が判っている場合は期日指定で送る事も勿論可能であり、3日前までに申し込めば一通につき150円の値引きになるので、少しでも節約したいのであればそうするのがベターである。

そして電話をするが、携帯電話ではDocomoとauは「115」とダイヤルすれば問題は無いが、Softbankでは対応していない事も覚えておかなければならない。
また、公衆電話でも可能であるが電話番号は「115」ではない独自の番号になり手続きも多少異なる事もあわせて覚えておいた方が良いであろう。
また、国際電話からの受付も対応しているが、これも電話番号が異なり、更に営業時間も9時~17時となる。
電話はオペレーターが対応してくれる。
そのオペレーターに電話番号と名前を伝えると、電話局から折り返しの電話が来る。
そこで、手元に用意しておいた必要な情報を伝えて手続きは終了。
以上が電話で弔電を送る一連のスキームとなる。


こうした電話による弔電の申し込みは現在ほとんど少ないとの事であるが、それでも残っているのはやはり高齢者などのインターネットが身近に存在しない方のための施策である。
仕事などでインターネットを使用している高齢者の方であればある程度のインターネットリテラシーがあるだろうが、インターネットと無縁の世界に生きてきた人は電話での申し込みをするのだ。
更に言葉は悪くなってしまうが、やはり亡くなられる方の多くは高齢者であり、弔電を打つのも高齢者である。
故に、今後インターネットに親しんだ人が圧倒的に増えたとしてもこうした電話番号受付による弔電の申し込みは無くならないであろう。

【旬な話題】

カルティエ ブライダル
カルティエ タンクアメリカン
カルティエ ストラップ
カルティエ 香水
カルティエ ショップ

Page Top ▲

弔電の宛名の書き方とは

弔電の宛名(または宛先)は例え面識が無かろうが喪主のフルネームが判っているのであれば喪主宛に送るのが基本である。
しかし、喪主とは直接の面識が無く、弔電を打つ人の面識のある人が喪主の妹であったり、喪主の息子であったり他の遺族の方と知り合いの場合はその知り合いに直接送るのも構わない。


また、喪主の名前も判らなくて、知り合いもいないけど弔電を打ちたいと言うケースも考えられる。
そうした場合は葬儀場に連絡を取れば大抵の場合は教えてくれるが、昨今の個人情報保護法の背景もあり、教えてくれない葬儀場も存在する。
出来ることならばフルネームが望ましいが、そうしたどうしても名前が判らない事情の際には、素直に無くなられた方のフルネームを記載して「○○様 ご遺族様」「○○様 ご遺族一同様」などと言う書き方で問題ない。


弔電の本来の意味は亡くなられた方に対する気持ちを伝えるものであるので、宛名はそこまで重要では無い。
ただ、やはり最低限のマナーは守らなければならないので、その他の留意点を記載する。


まずは宛名の書き方になるが、基本的には手書きをするのが一般的である。
ただし急ぎであるなど、止むを得ない事情の際にはパソコンを利用して印刷して宛名書きする事もダメでは無いが、そうした場合も行書体や楷書体などといった雰囲気に合うような文字を選ばなければならない。

そして、弔電を打つ際に記載する自分の名前はフルネームで記載するのは当然であるが、その他に亡くなられた方との関係性が判るように出すのが丁寧な弔電の打ち方である。


喪主と面識が無い場合は特に、そうした気配りが必要となる。
更には住所や電話番号といったものを添えるのも忘れてはならない。
後日、遺族の方がお礼をしてくれる際に必要であるからである。
また、記載の際は略字でなく正しい名前を使うようにする。
また、縦書き・横書きといった決まりごとは無いが、宛名と差出人の向きは必ず合わせなければならない。
縦書きの場合は封筒を閉じる部分が左側に来るように宛名を書くことも覚えておかなければならない。


以上が、弔電の宛名の書き方である。
最も良い方法としては「宛名は喪主のフルネームを記載して打つこと」、そして「手書きで丁寧に書くこと」の2点であり、そこまで難しい話では無い。
冒頭でも触れたが弔電を出す行為は、直接遺族の方にお会いして一言声を掛けられない代わりに、亡くなられた方に対する追悼の意を込めた文章を送るという事であるので、やはり直接出向くより扱いは低くなる。
その為に最低限のマナーは守らなければならないのだ。

【口コミ ランキング】

カルティエ 長財布
カルティエ ミニラブリング
カルティエ 名刺入れ
カルティエ パシャc
カルティエ ブレス

Page Top ▲

弔電 宛名

弔電の宛名はどの様な書き方をするといいのでしょうか?


弔電の宛名は一般的には「喪主」にするのが基本でありマナーであります。
お亡くなりになった方へ送るという考え方もわかるのですが、
亡くなった人に弔電を送っても受け取ることも読むことも出来ませんから
弔電の宛名の基本は「喪主」になるのです。


しかし、喪主の名前がわからなかったり、
斎場などで葬儀を執り行う場合などは、どうしたらよいのか
さらに詳しく弔電の宛名について考えてみましょう。

弔電の宛先を「喪主」以外に考えるとしたならば、
斎場で葬儀を執り行う場合、直接、会場となる斎場に
弔電を送ることも問題ありません。
ただし、その場合は、やはり斎場の住所や名前、開始時間、喪主名、
または施主名を確認して宛名を記載することが大切です。


ここで、喪主の名前がわからない場合ですが、そのときは
「故○○ご遺族様」として弔電を送るのは問題ありませんので
覚えておくとよろしいでしょう。
「奥様宛」とか「ご主人宛」などといった書き方や宛名は控えるべきでしょう。


これが会社の社葬や団体葬などの場合であれば、
ご遺族とは親交がなく、名前だけでは誰かわからないかもしれませんから、
会社名と肩書き、その他であれば故人との関係がわかるようなこと
(例:○○高校 同窓生・・等。)を名前と共に添えた弔電の宛名の書き方が
望ましいと思われます。
弔電の宛名の書き方についてでした。

Page Top ▲

弔電 電話番号

弔電における電話番号の取り扱いについて紹介します。


弔電を申し込むときにおいて、
電話番号は多くが必要とされています。
弔電を申し込む本人の自宅や会社の名前、電話番号はもちろんの事、
時には郵便番号や住所も必要なときがあります。


さらに、弔電を送る場所の電話番号も必要です。
弔電を送る先が相手の自宅であったり、
葬儀会場の場合など、送る場所の電話番号や宛先としての
名前や郵便番号、住所などはあらかじめ確認しておくことが大切です。

弔電の電話番号が間違っていても、住所や郵便番号、
名前が正しければ、修正も時間をかけずに済ませることも
可能でありますし、せっかく送った弔電が届かない・・・
なんてならない様に注意してくださいね。


弔電の電話番号はよく確認してから申し込んで下さいね。

Page Top ▲

弔電 宛先

弔電の宛先について全般的なお話になります。


弔電を個人葬で送る場合は、
通夜・告別式・葬儀・葬式が行われる場所(個人宅、斎場など)に
開始時間までに葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが
弔電のマナーであり、一般的な知識であります。


弔電のほかの場合に限って言えば・・・
わかり易く、例を挙げてたとえるとしたらば、
友達に励ましの意味を込めて送る場合などは、
お友達宛として宛先を書いて送ることは特に問題はないでしょう。

次に、弔電を個人ではなく、団体や企業、社葬などがそうでありますが、
そういった場合の弔電の宛先は、
部署、葬儀責任者、主催者(個人またはグループ)宛に送るとよろしいでしょう。


その際、主催者側から、弔電の受付について、
会場宛や指定場所の記載が示される事もあるので、
事前に注意やチェックが執り行われる事もあるので気をつけましょう。


法事や法要に弔電を送る場合は、事前に喪主となるべき個人宅に送るか、
直接会場に送るかは、故人やご遺族との関係・状況を総合して判断して
送る必要がありますので、弔電の宛先は変わりますのでご確認ください。


弔電の宛先は、個人や会社、団体などによって送り先が変わりやすいので
葬儀場や喪主の確認などはしっかりと確かめたいですね。
弔電の宛先についてでした。

Page Top ▲