トップページ > 2008年11月

弔電と弔問のマナーの関係

弔電と弔問はお通夜や葬儀には両方必要だと思っている方が以外にも多いですよね。


実は、弔電と言うものは、弔問できない場合に送る電報の意味があるのです。
ですから、弔問する場合においては基本的に弔電を送る必要はないと言えるでしょう。
各個人間での弔電と弔問の両方を行う人は少ないのですが、会社関係や企業関係、団体での職場における弔問をしていながらも、個人的に弔電を送ってしまうケースが度々見られる事も稀ですがあります。
弔電と弔問の両方は必要ないのですから、このあたりは特に注意したい弔電や弔問のマナーではないでしょうか。


出来る限りは弔問したほうがいいです。
しかし、誰しも急な悲報を聞いて駆けつけれない場合もあるのです。
そう言ったときの人としての最低限のマナーとして弔電の電報は意味するところにあるんでしょうね。
ただ、弔電を送ったからそれでおしまし・・・ではなく、後日、できるだけ早く弔問としながら足を運ぶ事を忘れずに心がけると良いでしょう。


弔電と弔問にも色々と注意しなくてはならないマナーや基本、常識がありますので、覚えておくといいですね。
子供の習い事


| Page Top ▲