トップページ > 2008年02月

弔電 宛先

弔電の宛先について全般的なお話になります。


弔電を個人葬で送る場合は、
通夜・告別式・葬儀・葬式が行われる場所(個人宅、斎場など)に
開始時間までに葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが
弔電のマナーであり、一般的な知識であります。


弔電のほかの場合に限って言えば・・・
わかり易く、例を挙げてたとえるとしたらば、
友達に励ましの意味を込めて送る場合などは、
お友達宛として宛先を書いて送ることは特に問題はないでしょう。

次に、弔電を個人ではなく、団体や企業、社葬などがそうでありますが、
そういった場合の弔電の宛先は、
部署、葬儀責任者、主催者(個人またはグループ)宛に送るとよろしいでしょう。


その際、主催者側から、弔電の受付について、
会場宛や指定場所の記載が示される事もあるので、
事前に注意やチェックが執り行われる事もあるので気をつけましょう。


法事や法要に弔電を送る場合は、事前に喪主となるべき個人宅に送るか、
直接会場に送るかは、故人やご遺族との関係・状況を総合して判断して
送る必要がありますので、弔電の宛先は変わりますのでご確認ください。


弔電の宛先は、個人や会社、団体などによって送り先が変わりやすいので
葬儀場や喪主の確認などはしっかりと確かめたいですね。
弔電の宛先についてでした。

| Page Top ▲