トップページ > 2007年01月

弔電と弔問

弔電と弔問についてですが、
弔問もしながら、弔電も出すのですか?
と言った質問が来ることがありますが、
両方を行なう必要はありません。


弔電はそもそも、お通夜やお葬式、告別式などに
参列できない時のために送る電報です。
ですから、弔問が出来る状態であるならば
弔電は必要ないと言えるでしょう。


弔電はあくまでも略式であるので、後日でも
出来るだけ早く弔問に出かけましょう。

やはり、弔電よりも、遺族の方と直接お会いになり、
慰めや励ましに言葉をかけてあげる事の方が
お力添えになると思われます。


例えばですが・・・


会社の同僚などのお通夜、お葬式、告別式に参列するのに、
弔電までもうつ必要はないと言うことですね。
注意してください。


ただし、葬儀や告別式に参加できず弔電を打つのは
よろしいですし、その後、日を改めて
弔問することは、なんら問題はないかと思われます。


弔問と弔電の関係についてでした。

| Page Top ▲