スポンサードリンク

弔電と弔問のマナーの関係

弔電と弔問はお通夜や葬儀には両方必要だと思っている方が以外にも多いですよね。


実は、弔電と言うものは、弔問できない場合に送る電報の意味があるのです。
ですから、弔問する場合においては基本的に弔電を送る必要はないと言えるでしょう。
各個人間での弔電と弔問の両方を行う人は少ないのですが、会社関係や企業関係、団体での職場における弔問をしていながらも、個人的に弔電を送ってしまうケースが度々見られる事も稀ですがあります。
弔電と弔問の両方は必要ないのですから、このあたりは特に注意したい弔電や弔問のマナーではないでしょうか。


出来る限りは弔問したほうがいいです。
しかし、誰しも急な悲報を聞いて駆けつけれない場合もあるのです。
そう言ったときの人としての最低限のマナーとして弔電の電報は意味するところにあるんでしょうね。
ただ、弔電を送ったからそれでおしまし・・・ではなく、後日、できるだけ早く弔問としながら足を運ぶ事を忘れずに心がけると良いでしょう。


弔電と弔問にも色々と注意しなくてはならないマナーや基本、常識がありますので、覚えておくといいですね。
子供の習い事


| 弔電の文例と例文 ▲

弔電を郵便局のレタックスで活用しよう!

弔電を送るときに何処の電報サービス会社から申し込むかまずは考えると思います。
大きなところでは、やはり郵便局のレタックスやNTT電報が最初に頭をよぎりますよね。
私だけでしょうか・・・・・(汗)
郵便局のレタックスで弔電を送る際に十分に活用できる方法を紹介したいと思います。


実は郵便局の弔電レタックスはNTT電報とは大きく違う特徴があり、なんと「手書き」で送る事ができるので、心が感じる度合いの高い弔電が送れるでしょう。
また、郵便局のレタックスは電報としての機能だけではなく、供花として花を贈る事も可能ですし、香典としてお金を添える事も出来るという便利な機能を使いこなすのもいいでしょう。
供花や香典も弔電と一緒に送れると言う事は、お通夜や葬儀の場に駆けつけられない場合においては本当に便利性の良い機能ですから、自分の状況など踏まえて使用されると便利ですよね。


郵便局のレタックスの申し込みは、ファクシミリや電話で行う方法と郵便局の窓口で行う方法があり、ファクシミリや電話での申し込む場合には事前に郵便局に利用申込書を出す必要がありますから注意が必要です。
郵便局の窓口で申し込む場合には利用申込書などは必要なく、専門の用紙に弔意の文章を書き込み、それを提出すると大丈夫です。
午後3時頃までに受付分は、当日中の配達になるそうですが、確実ではないのでよく問い合わせる事も頭に入れておきましょう。


レタックスの利用料金は、文字数に関係なく一律580円で、配達日の3日前までに差し出せば110円の早割り料金割引となりますが、3日前に申し込む方って・・・いるのでしょうか?
このあたりは疑問ですけどね(汗)
台紙によって利用料金に差が出るので、台紙の種類には注意して選んでください。
北欧雑貨@通販とショップ

| 弔電の文例と例文 ▲

弔電の電話番号は115

弔電の電話番号は115番である事を知っていますか?
弔電を送るのに電話をかけて申し込む場合の弔電申し込み電話番号は115番であり、これは全国共通です。

弔電にはNTTやKDDIなど電話を利用しての弔電を送ることが可能ですが、NTTは西日本も東日本も申し込み方法は同じです。
郵便局のレタックスも電話から申し込めますね。
弔電を電話で申し込むときには、相手方へ直接届ける形になりますので、宛先や住所などは喪主や葬儀場などの葬儀を行う場所、弔電を送り届ける相手方の氏名、住所、電話番号なども申し込み前にメモしておくと良いでしょう。

弔電の電話番号115での申し込み受付時間は午前8時から午後10時迄となっていますので、要確認が必要です。
後は電報会社のオペレーターの指示に従って、申し込むあなたの氏名や住所、電話番号などをガイダンスにしたがってお話していくだけでいいでしょう。
一番重要なのは送り方と送る相手の住所や氏名などの宛名、宛先、などが肝心ですから、間違わずにご連絡してくださいね。

弔電の文面や文章をどうしたらいいか迷う場合もありますが、115番に申し込む前に弔電の文例や例文を参考にされてもいいですし、その場でオペレーターが参考文をアドバイスしてくれる事もあるそうですが、私は事前に用意してお話します。
その方が時間もかからず、非常にスムーズに頼む事が可能です。

弔電の番号は115ですから、お間違いのないように・・・・・

| 弔電の文例と例文 ▲

お悔やみの例文と文例

お悔やみの例文と文例をいくつか掲載してみましょう。
誰でも一度は聞いたことがある文章が出てくるかもしれませんが、弔電を送る場合には緊急的な事が多いのでどの様な文章にするか悩む方も多いと思います。
是非、参考にしてみて下さい。


・この度はご愁傷さまでございます。心よりお悔やみを申し上げます。


・このたびはご愁傷さまです。突然の悲報に驚き、未だ信じられませんが、どうかお力を落とさぬよう、ご自愛くださいませ。


・この度はご愁傷様です。急な悲報を知り、申し上げる言葉も見つからないのですが、心からお悔やみ申し上げます。どうか気をしっかり持ってお体を大切にご自愛下さい。


・急な出来事に今はまだ信じる事も出来ません。本当に残念で悲しいです。謹んでお悔やみ申し上げます。


・この度はご愁傷さまです。ご回復を信じておりましたが無念の境地お察し申し上げます。心よりお悔やみ申し上げます。


この様に弔電にのせる文章の文例や例文として参考にしてみて下さい。
「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」「心より」「残念でなりません」
等の言葉はやはり亡くなった方への送る言葉として使われる事がほとんどなのがわかります。
あとは個人個人の気持ちを書ける場合には書くとよろしいかと思われます。


ヴィヴィアン
クロエ
バレンシアガ
ミュウミュウ
フルラ
介護施設.navi

| 弔電の文例と例文 ▲

お悔やみの言葉と弔電

お悔やみの言葉を弔電に示す時の基本的な表現はどうすればいいか悩むものです。
そこで、お悔やみ弔電の文例や例を挙げてみたいと思います。
参考にしてみて下さい。


まず、お悔やみの言葉の基本的な表現としては、


「この度は、まことにご愁傷様でございます。謹んでお悔やみ申し上げます」
「この度はご愁傷様(ごしゅうしょうさま)でございます。心よりお悔やみ申し上げます」


この文例がお悔やみにおける基本的な弔電の文例になるでしょう。
次に、悲報の原因がわかっている時のお悔やみの言葉を考えてみましょう。
例として、事故や事件関連での悲報のときのお悔やみ言葉としては、


「この度は、誠にご愁傷様です。予期せぬ出来事にお慰めの言葉もございません。こころより、ご冥福をお祈り申し上げます」
「この度はご愁傷様でございます。突然の出来事に驚き、悲しみにたえません。心より、お悔やみ申し上げます」


また、病気などで他界された場合のお悔やみ言葉としては、


「この度はご愁傷様でございます。大変お辛いでしょうが、お力を落とされぬ様に、どうかご自愛くださいませ。」


この様に、弔電に対する、お悔やみ言葉の基本的な文例を挙げてみました。
予期せぬ出来事で他界する場合や、原因が明確な場合など、文章にも違いがあるので、その時々での書き方も心得てみるのも良いかもしれませんね。
ちなみに私は・・・ほとんどが文例や例文を使用しています。
少しだけ自分の言葉を混ぜますが、悲報に対してそこまで感情が回らないのも事実ですよね。


ティファニー
アナスイ
ポールスミス
ドルチェ&ガッバーナ
レスポートサック

| 弔電の文例と例文 ▲